【TIF2022】LinQ、新木さくら最後のTIFはお祭りムード満載の楽しいライブ チア衣装でもひときわ目立つ

九州発のアイドルグループ・LinQが、6日、お台場・青海地区で開催された世界最大級のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2022」(TIF2022)に登場。野外のステージのSMILE GARDENと、夕方からは同じく野外のDREAM STAGEでライブを行った。

LinQでは中心メンバーである新木さくらさんが今月でグループからの卒業を発表。彼女にとっては最後のTIF出演となった。

この日は最新シングル『Go! Go! YELL〜キミ・イズ・ビューティフル〜』のチアリーダー衣装で登場したメンバーたち。それぞれのメンバーカラーのユニフォームに背番号も入っている。初めて見た観客には大きなインパクトを与えたようだ。

その『Go! Go! YELL』からスタートしたお昼のSMILE GARDENでのライブ。『祭高音頭』『人生最強・花景色』など“お祭り感”満載の楽曲続きで、ハイテンションなライブを繰り広げた。

夕方からのDREAM STAGEのライブは、新木さんがイメージガールを務める「ボートレース芦屋オリジナルソング」の『Sun Sun Rise!!』からスタート。疾走感のあるナンバーで勢いよくスタートした。

『FUKUOKA。〜福を可するのだ♪〜』では曲前に簡単な振りをレクチャーし、ラップも含んだ楽しい曲を観客とともに盛り上がった。

『人生最強・花景色』で盛り上がりが最高潮になったあとは、『祭りの夜〜君を好きになった日〜』でメンバー、ファンともサイリウムを回しながら、ハイテンションのまま、ライブはエンディングを迎えた。

LinQの動画を観る