アップアップガールズ(2)橋村理子が笑顔でラストライブ「とても幸せな空間になった」  | GirlsNews

アップアップガールズ(2)橋村理子が笑顔でラストライブ「とても幸せな空間になった」 

ニュース
アップアップガールズ(2)
アップアップガールズ(2)

アイドルグループ・アップアップガールズ(2)が28日、東京・新宿ReNYでライブツアー『アップアップガールズ(2) ライブツアー2019 アオイハル アツイナツ』のファイナル公演を開催した。本公演は、約2ヶ月に渡り行われた9人体制でツアーの集大成を見せる場であり、7月29日に卒業する初期メンバー・橋村理子のラストステージ。さらに、8月13日に発売されるつんく♂サウンドプロデュース第4弾、8人体制初のニューシングル『Be lonely together』が初お披露目された。

橋村さんがデザインした衣装を着たメンバー9人は、『We are Winner!』からライブをスタート。続く『スターティングオーバー』で元気さを爆発させ、ライブ冒頭から詰め掛けた大勢の観客ととも熱い盛り上がりを作っていく。

先輩のアップアップガールズ(仮)の『FOREVER YOUNG』を披露する場面も。この曲は、結成当初のアプガ(2)がバックダンサーとして参加した、初期メンバーにとっては思い出の曲。グループの原点を振り返るように、9人のメンバーでフレッシュさ全開のパフォーマンスを見せた。

ライブは、折り返し地点を迎えてノンストップゾーンに突入。幻想感溢れる『かかって来なさい』、エモーショナルなダンスチューン『っていう初恋のお約束』『エンジェル演じて20年』、ドライブ感たっぷりなロックチューン『OVER DRIVE』などを熱量たっぷりに届ける。そして、デビューシングルの2曲『Sun!×3』『二の足Dancing』を披露し会場のボルテージを最高潮にしてライブ本編は終了。

観客の声援に応えてのアンコールでは、新体制のメンバー8人がステージに登場し新曲『Be lonely together』を初披露。孤独と葛藤と前に進む思いを歌うソリッドなビートのダンスチューンだ。

その後ステージに呼び込まれた橋村さんは、8人体制のステージを見た思いを語る。「新曲はアプガ(2)の新境地を見せた曲だな思いましたし、この強さが今のアプガ(2)にぴったりだなって思いました。これからアプガ(2)が、この曲と一緒にどんどん強くなって成長していってくれると思います。歌詞に“孤独は味方なんだ”“僕が守るよ”ってあるんですけど、私もこの曲を聞いて、メンバーみんなに見守られてるような気持ちになりました。自分も力強くなれる曲ですし、みなさんにアプガ(2)の魂をたくさん届けられる曲だと思います。この曲で、みなさんとアプガ(2)で、アツく盛り上がっていってほしいなと思います」と新曲の感想を口にした。

続いてのナンバーは、橋村さんの「ツアーファイナルで9人で披露したいと思っていた曲」というリクエストで、再び9人体制に戻って『どしゃぶりのテラス席』が歌われた。センチメンタルな『スクール・ポーカー・ライフ』が披露され、会場は和やかな空気に包まれた。

メンバー9人は、今日のライブ、今回のツアーの感想を述べていく。鍛治島彩さんは「ツアーを通じて、鍛治島はほんとにみなさんに支えられているなと改めて思いました。まだヨボヨボの鍛治島ですが、みなさんにすごいと思ってもらえる鍛治島になりたいです。これからもみなさんの元気の源がアプガ(2)でいられるように、そしてもっともっと大きなステージに立てるように、これからもみなさんとずっとずっと一緒にアップアップしていきたいです!」、森永新菜さんは「この9人でこのツアーをやり切れたことがほんとに幸せです。私の歴史のページで最高の思い出になりました。夏、もっともっと幸せになれるように、絶対に優勝します!」と語る。

高萩千夏さんは「全10公演のツアーが終わろうとしています。1公演1公演楽しいと思うのと同時に悔しいって思うところも正直たくさんありました。でも、みなさんがライブで見せてくれる笑顔が私たちががんばれる源です。私たちもまた愛と笑顔と歌とダンスでお礼していかなきゃいけないなすごくと思いました。これからもたくさんみなさんに笑顔を届けていきたいです!」、佐々木ほのかさんは「みなさんが私たちに1分1秒をかけてくださることを、ほんとに感謝しています。春夏秋冬、ずっと私はアプガ(2)にいます。みなさんも、私のそばにいてくれますか? 私もずっとみなさんのそばにいます。まだまだ成長していきます!」と思いを口にした。

吉川茉優さんは「ツアーファイナルの今日、新宿ReNYという素敵なステージに立たせていただいてほんとに楽しかったです。アプガ(2)は大きなステージが似合うねって言われるグループになりたいと、私はすごく思ってます。アプガ(2)で立ちたいステージまだまだたくさんあるんですよ。私は、Zeppを回るツアーをしたいなと思いました。アプガ(2)は次の夢に向かってどんどん走っていきます。アプガ(2)はどんどん加速していくので、みなさんももっと全速力で一緒に楽しんでいきましょう!」と声を上げた。

新倉愛海さんは「私は、以前やっていたグループが解散したときに、アイドルの夢を諦めてもいいかなと思ったんです。普通の高校生をやるもいいかなって。でも、アプガ(2)のオーディションを受けてここに来るって決断をして、今こんなにも素敵な仲間と巡り会えたことがめちゃめちゃよかったと思ってます。今日見に来てくれたみなさん、これから出会うみなさんに、“アプガ(2)推しててよかった”“アプガ(2)最高!”って思われるようにもっともっとがんばっていきます。ツアーファイナルですが、終わりというよりも新体制になるアプガ(2)、夢を追いかけるりっこーさんにとっての新たなスタートラインとなると思います。ここからそのスタートを、さらに楽しくがんばっていきたいです!」と語った。

島崎友莉亜さんは「このツアーが発表されたのが3月で、4月にプレ公演をやったんです。あのときから私は成長できたのかなと思いながら、今日パフォーマンスをしていました。毎公演毎公演みなさんとメンバーに支えられて、ほんとにたくさん愛を感じて毎日を過ごすことができました。アプガ(2)という場所でがんばれて幸せです。まだまだアプガ(2)の未来は明るいです。りっこーさんの未来も明るいです!」、中川千尋さんは「アプガ(2)は、大事なライブのとき雨が多いんですが、今日は珍しく空が晴れています。晴れてるってことは、これから先のアプガ(2)、りっこーちゃんの未来は明るいってことだと思います。今日の空のように夏のサンサンと輝く太陽のように、これからも輝き続けたいと思います!」と声を上げた。

そして橋村さんは「私にとってのラストライブでしたが、しんみりしたくなかったんです。最後、みんな笑顔になって空も晴れてとても幸せな空間になったと思います。私はこれからみんなとは違う未来を進みますが、アプガ(2)にいたことでたくさん自信がつきました。これから先の人生、羽ばたいていけると思います。私はアイドルになれて、アップアップガールズに入ることができてほんとに幸せでした。みなさんほんとにありがとうございました!」と卒業の思いを笑顔で語り、観客から大きな拍手が送られた。

9人体制の最後の曲は『全部青春!』。メンバー9人は元気いっぱいのステージを繰り広げ、観客と強烈な一体感を作り上げた。吉川さんが、「新曲もリリースされますし、ライブやフェスもたくさんあります。これからもっともっと進化していくアプガ(2)から目を離さず見ていてください!」と夏の意気込みを語りライブは締めくくられた。

アップアップガールズ(2)の動画を観る

関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。