今話題のガールズバンド「きみとバンド」の ギターボーカル清原梨央(ex.ラストアイドル)が現在までの22年間の光と影を綴る自身初フォトエッセイ本が発売決定

一番右が清原梨央ZeppLIVE
一番右が清原梨央ZeppLIVE

11月14日に22歳の誕生日を迎えたきみとバンドのギターボーカルの清原梨央が22歳の誕生日を記念して自身初となるフォトエッセイ本「清原梨央22nd “生誕記念” フォトエッセイ(タイトル仮)」を12月中旬頃に発売することが決定した。
きみとバンドは今夏、インディーズのガールズバンドとしては異例のZepp Hanedaでのワンマンライブを決行。チケットをソールドアウトし満員にするなど今、注目のガールズバンドだ。清原梨央はそのバンドのギターボーカルを担当している。
清原はバンドを始める前の2017~2019年に秋元康プロデュース「ラストアイドル」でアイドルとしてテレビやステージで活躍していた人気アイドルであった。その人気絶頂の中、アイドルを卒業し新たな夢を追いかけるために始めたのがきみとバンドである。
アイドル卒業後のセカンドキャリア形成を目指すも若くして芸能界に入ったことで、一般社会との距離に悩み苦悩する元アイドルが多くいる。その中で清原はバンドに転向後、わずか2年でZepp Hanedaを満員にするまでに成功した非常に珍しい例と言える。
そしてそのアイドル性も兼ね備え、いつも明るく圧巻のステージが評判の清原が、今までほとんど語らなかった保健室登校だった学生時代、今まで語ったことのなかった暗い過去、2年間在籍した「ラストアイドル」での活動秘話、元アイドルからバンドマンとして確立するまでの苦悩や葛藤など光と影を赤裸々に一冊の本にまとめた。
エッセイはすべて清原本人による書き下ろしで、まっすぐで飾らない言葉で紡がれた読み応えのある内容になっている。スナップは過去の学生時代やアイドル時代、現在までの活動(本人秘蔵の写真あり)を撮ったものの他、等身大で自然な表情やいつもの明るい清原の撮り下ろしとなっている。
清原は「22歳の誕生日を記念して、人生初のフォトエッセイ本を発売することになりました。小学校・中学校時代の保健室登校からアイドルになったこと。そのアイドルを卒業して次の夢としてバンドを始めたこと。そしてステージや配信では語りきれないこと、これまで触れることのなかった影の部分も含めて、今回本と言う形で残せることを嬉しく思います。」と語ってくれた。
フォトエッセイ本「清原梨央22nd “生誕記念” フォトエッセイ(仮)」は現在こちら(https://photoevent.shop/items/6371a65ebd5e4d4ebc31480f )のサイトで予約受付中。発売は12月中旬を予定。フルカラー125ページ(予定)直筆サイン付き5000円(税込&送料込)。記念チェキと限定アクリルスタンドが付く。

〇清原梨央プロフィール
愛媛県出身。ガールズバンド「きみとバンド」のギター・ボーカル担当。2017年~2019年の約2年間、秋元康プロデュース「ラストアイドル」に所属していた。バンド活動以外にも「村上海賊記」などの舞台出演など多方面で活躍している。特技は韓国語。趣味はコスメ収集やメイク、アニメ鑑賞など。最近は料理にハマっている。
・各種SNS:https://linktr.ee/___rioky001114

    Comments are closed.