「AKB48 SURREAL」SURRY の正体がついに判明  徳永羚海が初センターに

AKB48 SURREAL
AKB48 SURREAL

AKB48 初のリアル・バーチャル混合ユニット「AKB48 SURREAL」が15日、タワーレコード渋⾕店で初のリアルファンミーティングを⾏った。公演内で、これまで正体不明とされてきたセンターSURRY(アバターメンバー) の正体が 徳永羚海(AKB48 チーム 8/チーム B) であることを公開、徳永さんがアバターとして密かにセンターデビューしていたことが明らかになった。

AKB48 60th シングル『久しぶりのリップグロス』(10 ⽉ 19 ⽇発売)の Type B 収録のカップリング曲『わがままメタバース』を歌唱する XR World 専⽤ユニット「AKB48 SURREAL」が、バーチャルの世界を⾶び出し、初のリアルミーティングを開催。発表当初から謎のベールに包まれていたセンターを務めるバーチャルメンバーSURRY の正体が AKB48 チーム 8(チーム B 兼任)メンバー徳永羚海ということが明らかになった。

AKB48 メンバー、⼩栗有以・倉野尾成美・下尾みう・千葉恵⾥・⼭内瑞葵の 5 名が結成発表会⾒に参加し、それぞれが YUI YUI(⼩栗)・NARU(倉野尾)・MIU(下尾)・ERII(千葉)・ZUCKY(⼭内)・そしてバーチャルメンバーの SURRY を加えた 6 ⼈組 の XR World 専⽤ユニット「AKB48 SURREAL(サーリアル)」。バーチャル空間 XR World の専⽤劇場「AKB48 SURREAL Theater」では、バーチャルメンバーSURRY を含めた 6 ⼈で限定のライブステージを⾏ってきたが、全員揃ってのリアルイベントは本イベントが初となった。

新曲『わがままメタバース』がカップリング収録された AKB48 の 60th シングル『久しぶりのリップグロス』発売を記念し、購⼊者限定で開催された同イベントは、『わがままメタバース』公演の撮影秘話やアンケート開票などファンとリアルメンバー5⼈の交流が⾏われたあと、モニター上で SURRY のソロ曲パフォーマンスがスタート。楽曲が間奏に差し掛かると、アバターと⼊れ替わる形で徳永羚海が姿を現し、ついに謎多きセンターSURRY の正体が、徳永羚海であることが解禁された。同日以降、徳永さんは REMI として、そして時にはアバターSURRY の姿に変⾝し、二つの顔で活動していく予定となっている。

そして、SURRY の正体が解禁されたことを記念して、16 ⽇より、『わがままメタバース』公演がパワーアップして再演決定。デラックス・エディションと銘打ち、W アンコールでは『わがままメタバース』センター REMI バージョンを楽しめることも発表された。

徳永さんは「夏から準備をしてきて、このお披露⽬があるまでずっとドキドキしていました。早く報告したいと思っていたので、今⽇はファンのみなさんにあたたかく迎えていただいて本当に嬉しかったです︕ 最初に『アバターでセンター』ということを聞いたときは驚きのほうが強くて、私以外は選抜メンバーですし、私なんかがセンターでいいのかな︖と思っていたのですが、先輩⽅からダンスを教えてもらったり優しく接していただき、感謝しています。『わがままメタバース』はまだリアルでは披露したことがないので、いつか披露ができる場があったらいいなと思います。まずは XR World に遊びにきていただけると嬉しいです︕」と語り、抽選で集まった当選者を⼤いにわかせた後は、XR World の撮影メイキング映像が上映。徳永さんが SURRY としていかにパフォーマンスをしていたかが明かされた。

16⽇からの XR World での公演には、徳永さんが REMI として参加する『わがままメタバース』センターREMI ver.が追加となる。

AKB48の動画を観る

Comments are closed.