AKB48、18期生オーディション開催発表 柏木由紀、衝撃の事実に震えながらも「お待ちしてます︕」

AKB48 柏⽊由紀プロデュースコンサート『僕はずっと忘れない』
AKB48 柏⽊由紀プロデュースコンサート『僕はずっと忘れない』

『MX祭り︕AKB48 60th Single「久しぶりのリップグロス」発売記念コンサートin武道館2022』3公演のラストを飾る柏⽊由紀プロデュースコンサート『僕はずっと忘れない』を9日、東京・日本武道館で開催した。本公演は、昨年5⽉にぴあアリーナMMで開催したコンサートに続く2度⽬の“柏⽊由紀プロデュースコンサート”であり、今のAKB48の姿を表現できるよう緻密に練られたセットリストで、新チームやメンバーそれぞれの⾊が輝いた公演となった。また、アンコールでは「AKB48 第18期⽣オーディション」の開催がサプライズ発表された。

10⽉19⽇に発売となるAKB48 60thシングル「久しぶりのリップグロス」の発売を記念して、10⽉7⽇(⾦)〜10⽉9⽇(⽇)の3⽇間にわたり⽇本武道館にて開催した『MX祭り︕AKB48 60th Single「久しぶりのリップグロス」発売記念コンサートin武道館2022』。その最終⽇を飾った柏⽊由紀プロデュースコンサート『僕はずっと忘れない』は、柏⽊由紀の「⾏くぞ︕武道館〜︕」の掛け声でスタート。

煌びやかな⾐装で登場したメンバー全員による最新曲「久しぶりのリップグロス」のフルサイズ披露で華々しく幕を開けた。オープニングからアクセル全開で「重⼒シンパシー」「⾔い訳Maybe」などアップテンポなナンバー4曲を披露すると、会場は早くも熱気に包まれた。本公演をプロデュースした柏⽊は「去年はじめてプロデュースさせてもらったコンサートでは“48曲ノンストップ披露”というのがあったんですけど、それを受けて今回(ファンの⽅から)一番届いたご意⾒が“トイレに⾏くタイミングありますか︖”だったんですよ︕今⽇は、ギリ2回あります︕(笑)」と話し、観客の笑いを誘っていた。

続いて各チームのパフォーマンスへ。柏⽊が「それぞれのチームの曲と、ほかのチームの曲も今回披露しますので、どんな曲が出てくるのか楽しみにしてください︕」と期待感を⾼め、まずは向井地チームAが登場。チームA楽曲「ただいま 恋愛中」とチーム4楽曲「なんか、ちょっと、急に…」をパフォーマンスした。

続く⽥⼝チームKはチームK楽曲「彼⼥になれますか︖」とチームA楽曲「ダルイカンジ」、浅井チームBはチームB楽曲「好き 好き 好き」とチームK楽曲「最終ベルが鳴る」、倉野尾チーム4はチーム4楽曲「ハートの脱出ゲーム」とチームB楽曲「愛のストリッパー」を披露するなど意表を突いたセットリストで会場を沸かせた。

先輩たちに負けじと17期研究⽣も「⼤声ダイヤモンド」と「ここがロドスだ、ここで跳べ︕」を堂々とパフォーマンス。勢いそのままにユニットパートに突⼊し、本⽥仁美・⼤⻄桃⾹・佐藤綺星は「制服レジスタンス」をしなやかでキレのあるダンスで魅せ、⼭内瑞葵・倉野尾成美ら5名は「清純タイアド」を⼒強くパフォーマンスした。昨⽇のカップリングリクアワで卒業発表したばかりの武藤⼗夢と岡部 麟・向井地美⾳・茂⽊忍の4名は「週末Not yet」を笑顔で熱唱。千葉恵⾥・⼤盛真歩・17期研究⽣の⼭﨑空ら7名は「へたっぴウィンク」を披露し、最新曲「久しぶりのリップグロス」でセンターを務める千葉が必殺ウインクを炸裂させた。⼩栗有以・下尾みうら5名は「⾶べないアゲハチョウ」を妖艶な表情で魅せる。ユニットの最後は、柏⽊が「第4回AKB48グループ歌唱⼒No.1決定戦」に出場した⼤⽵ひとみ・岡⽥奈々・⼩⽥えりな・浅井七海・村⼭彩希とともに「ポニーテールとシュシュ」をなんとアカペラで歌唱。大会で優勝に輝いた岡⽥奈々がリードボーカルを務め、6名が織りなす美しいハーモニーで会場を魅了した。

ここで突如スクリーンに映像が流れ、「くじ引きセンター決め企画」と題して、これから披露する3曲のセンターをメンバーによる福引きで決めたことが明らかに。そして、下⼝ひななをセンターに「RIVER」、髙橋彩⾳をセンターに「11⽉のアンクレット」、17期研究⽣の正鋳真優をセンターに「Choose me !」をパフォーマンスすると、センターが明らかになるたびに会場からは⼤きなどよめきと歓声が起きた。

MCではセンターを務めるメンバーに合わせて柏⽊がこれらの曲を提案したことが明かされ、初のコンサート出演ながらセンターを掴みとった正鋳は「ずっと憧れの先輩だった⼩栗有以さんと⼀緒に披露できて、すごく嬉しいです︕ まだAKB48に⼊って5ヶ⽉で私のこと知らない⼈もたくさんいると思うので、ぜひ知ってくれたら嬉しいです︕Twitterフォローしてください(笑)」と観客にしっかりとアピールした。

終盤には「久しぶりのリップグロス」選抜メンバーで「憧れのポップスター」を披露。そして、加⼊11年⽬にして初選抜⼊りした茂⽊がセンターに⽴ち、「私にもチャンスの順番が回ってきましたー︕」と笑顔を輝かせ「チャンスの順番」をパフォーマンスした。さらに「#好きなんだ」「Everyday、カチューシャ」「さよならクロール」とシングル曲の披露でラストスパートをかけると、会場のボルテージも最⾼潮に。最後は「草原の奇跡」を⼼を込めて歌唱。間奏でメンバー同⼠がハイタッチを交わし、ラストは全員が⼀列になり肩を抱き合いながら歌い上げ、今のAKB48の絆をみせた感動的なステージで本編を締めくくった。

「アンコール︕アンコール︕」とアンコールを煽るメンバー全員の声が会場中に響くと、観客も声を出せない代わりに⼤きな⼿拍⼦で応え、アンコールがスタート。「オネストマン」「少⼥たちよ」「転がる⽯になれ」をすべてを出し切るような渾⾝のパフォーマンスで魅せ、グループの⼀体感を⽰した。AKB48グループ総監督の向井地は3⽇間の武道館コンサートを振り返り「今のAKB48を3⽇間通していろんな形でみなさんにお⾒せできたんじゃないかなと思います︕本当にありがとうございます︕」と感謝の気持ちを伝えた。

するとここで、スクリーンに“緊急告知”の⽂字が。「AKB48 第18期⽣オーディション」の開催と、9⽇20時より応募受付を開始することがサプライズ発表されると、メンバーからも驚きの声が上がり、⾃分たちが早くも先輩になると知った17期研究⽣は思わず涙。柏⽊が「18期をこんなに早く募集できるのは、17期が5ヶ⽉でこんなに成⻑してくれたから。17期のみんなのおかげです︕ありがとうね︕」と語りかけるとさらに涙が溢れ出した。

向井地は「これまで17期⽣が初々しい姿でAKB48の未来を照らしてくれたんですけど、これからは先輩としての17期⽣も⾒れると思います︕」とコメントし、3期⽣の柏⽊は15期分の差がある後輩が⼊ってくるという事実に震えながらも「お待ちしてます︕」と笑顔で呼びかけた。そして最後は、岡⽥奈々が「みんな愛してるよ〜︕」と愛を叫び、「ギンガムチェック」で武道館コンサート3公演のフィナーレを飾った。

9年6ヶ⽉ぶりに戻ってきた⽇本武道館で、新チームのお披露⽬・チーム8の活動休⽌発表・武藤⼗夢の卒業発表・第18期⽣オーディション開催の発表と、新たな歴史の1ページを刻んだAKB48。全⼒で3公演を駆け抜けたメンバーたちは、額に汗を輝かせながら、充実感いっぱいの表情でステージを後にした。

AKB48の動画を観る

Comments are closed.