【青山ひかるインタビュー】映画『グレーゾーン』に出演「久しぶりのアクション、衣装が衣装なのでかなり…」 | GirlsNews

【青山ひかるインタビュー】映画『グレーゾーン』に出演「久しぶりのアクション、衣装が衣装なのでかなり…」

ニュース 女優 映画・ドラマ
映画『グレーゾーン』より
映画『グレーゾーン』より

女優でタレントの青山ひかるさんが6月4日公開の映画『グレーゾーン』に出演。極道・黒崎家当主の暗殺をめぐって露わになる、最悪な家族の最狂の愛。キレのいいアクションと謎が謎を呼ぶサスペンス、予測不能なストーリーと鮮やかな“どんでん返し”が見どころの本作で、青山さんは黒崎家の次女・美鈴役を演じている。

--出演おめでとうございます!

「ありがとうございます!!
今回は、極道のお話でコメディなんですけど最後のどんでん返しが凄くて面白い作品となっております! こんな世の中ですが、たくさんの人に観てもらいたいですね。そして笑ってちょっと感動してたくさん驚いてもらいたいです」

--本作での黒崎家の次女・美鈴役はどのような役でしたか?

「黒崎家の中で一番、喜怒哀楽がハッキリしている子です! 口はかなり悪いんですが、内に秘めてるものはちょっと私の学生の頃と似てたりします(笑)。とにかく、あまりガニ股で歩かないように…小物も意外と持っているのでその持ち方などを忘れないように。衣装を汚さないように。など…かなり演技より衣装面などの方を意識して撮影していました!」

--コスプレをしての撮影でしたが、普段からコスプレをされている青山さんの中でこだわったことはありますか?

「カラコンをなんでも合うように、自分で見て買ってきました。メイクさんが、衣装に合わせてネイルもいただいたので現場で塗ったり、塗り直したりも自分でしていました! 髪色も、もともとは黒だったのですが、バンズの色に合わせて染めて撮影に挑みました。ほぼツインテールだったのですが、ずーっと引っ張られているので、途中、撮影してない時はバンズをはずしてました。終盤では、頭皮が死にそうになってました(笑)」

--アクションシーンもかなりありましたが!

「久しぶりにアクションをやりましたが、衣装が衣装なのでかなり動きにくい感じでした…! なので、軽いアクションをつけてもらってありがたかったです(笑)。実は、傘が武器になっているんですがちゃんと、トリガーも作られていて美術さんの凄さを改めて感じました! ちゃんと、衣装に合わせて傘も替えていたので美鈴ちゃんはオシャレな人ですね(笑)。トリガーがついている笠も別あったので3本?あったのかな。間違えないように気をつけてました!」

--本作の見どころを教えて下さい。

「先程も言ったんですが、軽い気持ちで観てると最後らへん、思考が追いつかない可能性があります(笑)。難しく考えてもダメです(笑)。何にも考えず、そのままの映像・音を観て聞いてもらいたいですね。私の場合、深く考えすぎて最後がよくわからなくなりました(笑)。ただ、何も考えず観てると笑えるし楽しい作品です! この世の中、悲しい話ばかりなんですが難しいことや嫌なことを忘れてなんにも考えずにこの映画で笑ってちょっと感動して驚いて下さい(笑)」

--最後に一言お願いします!

「『グレーゾーン』をシリーズ化したら楽しそうなので、ぜひ、応援してもらいたいです! 映画の感想をSNSで #映画グレーゾーン とつけて呟いてください!私は絶対に見ます。よろしくお願い致します!(笑)」

青山さんは、2016年『有吉反省会』(日本テレビ)で「お尻が汚いグラビアアイドル」として話題になり、2019年には『映画ふたりエッチ』で主演、ゲーム配信番組MCや「Iカップの野生児猫娘」としてTV、雑誌のほかユニット「Shebet」のメンバーとしても活躍するなど幅広く活動している。

(c)2020宏洋企画室

青山ひかるの動画を観る

関連商品