生駒里奈、仮面ライダーに出演の夢叶う「鼻血が出そうになりました」 | GirlsNews

生駒里奈、仮面ライダーに出演の夢叶う「鼻血が出そうになりました」

ニュース 女優 映画・ドラマ

映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』(12月21日公開)の完成披露舞台挨拶が16日に都内で開催され、仮面ライダーゼロワン役の高橋文哉、仮面ライダージオウ役の奥野壮をはじめ、映画特別ゲストの生駒里奈らキャスト9名が登壇した。

新時代に突入した仮面ライダーの令和第1作「仮面ライダーゼロワン」と、その歴史に幕を閉じたはずの「仮面ライダージオウ」。交わるはずのない二つの世界が並び立つとき、次なるステージの幕が開かれる。主役ライダー役の二人のほか、井桁弘恵が演じる「仮面ライダーバルキリー」や、大幡しえり演じる「仮面ライダーツクヨミ」の女性ライダーたちの活躍も気になるところだ。舞台挨拶にはほかに、岡田龍太郎、鶴嶋乃愛、押田岳、和田聰宏が一堂に会した。

未来からやってきたタイムジャッカー“フィーニス”を演じる生駒さんは出演のオファーを受けて「純粋に嬉しかった。仮面ライダーが昔から好きだったんですけど、仮面ライダーオーズ/OOOの渡辺秀さんが地元の先輩で、いつか先輩みたいになりたいと思っていた。夢が叶ったんだな!と思って、鼻血が出そうになりました」と笑顔。さらに「地元の友だちからも知った途端にメールが来まして。仮面ライダーの力ってホントにすごいと思いました。中学生のときに友だちと変身ごっこをやっていたのを思い出して楽しい気持ちになりました」と振り返った。“フィーニス”を演じて「言いたかったセリフがたくさんあったので素直にお芝居しました。こんな豪華な衣装も作ってもらって、お金が大丈夫かな」と大満足な様子だった。

今作の自身の見どころについて、高橋さんは「映画で或人(あると)を演じるにあたって僕が頑張らなきゃいけないと思った点は、テレビでは見られないような感情を顕にしたり、人の胸ぐらをつかんだり、みなさんが想像できないよなシーンがあるのですが、何故そうなったのか、何を思いつめているのかを考えながら、或人に寄り添って観ていただけるとより楽しんでもらえると思う」とアピールしていた。

『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』は、12月21日に全国公開。

関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。