尾碕真花、リュウソウジャー劇場版で演技に新境地「喜怒哀楽以外の新たな感情が見せられた」 | GirlsNews

尾碕真花、リュウソウジャー劇場版で演技に新境地「喜怒哀楽以外の新たな感情が見せられた」

ニュース 女優 映画・ドラマ
『騎士竜戦隊リュウソウジャー』『仮面ライダージオウ』劇場版制作発表
『騎士竜戦隊リュウソウジャー』『仮面ライダージオウ』劇場版制作発表

テレビ朝日系で放送中の特撮ドラマの劇場版『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』(7月26日全国公開 同時上映『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quatzer』)の記者発表会が22日に都内で行われ、レギュラー出演者と劇場版ゲストの佐野史郎、北原里英が登壇した。

リュウソウレッド/コウ役の一ノ瀬颯さんは会場を埋め尽くす報道陣を前に緊張しまくり。周囲からも「落ち着いて!」と励まされて「これでも成長したんですけど」 と照れまくった。「6500万年前と現代を行き来する壮大なスケールのストーリーと、映画にふさわしい迫力満点の戦闘シーン、僕たちの熱い演技が見どころになってます」と作品をアピールした。

リュウソウピンク/アスナ役の尾碕真花さんは、恐竜博物館のある福井県でのロケについて、「本当に寒かった。山の上で撮ったシーンは雪も降っていたし 、別の日には強風や豪雨もすごかった。失敗もできないというのもあって、みんなが一つになってより集中して高まりました」と振り返った。さらに「テレビの本編でも喜怒哀楽の表情はあるんですけど、映画ではその場の空気を大切にして気持ちを出すように頑張ったので、 喜怒哀楽以外のもう一つ目二つ目みたいな新たな感情が見せられたと思う」と努力を明かした。

また、6500万年前のリュウソウ族の娘・ユノを演じる北原里英さんは、初めてのスーパー戦隊シリーズへの出演に「小さいときからずっと憧れで、今は大きなお友達たちとなった大人たちも誰もが通ってきた道である作品に自分も関われて嬉しい」と喜んだ。父親役の佐野史郎さんに「ほかのドラマでも親子を演じていて、ホントに信頼できるお父さんとして演じさせていただきました」と話した。

会見には、『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quatzer』のキャストとゲスト出演のDA PUMPも出席した。

関連商品