横島亜衿「精一杯笑って楽しんで」アリスインプロジェクト新作は総勢39名によるダンスバトル・コメディ | GirlsNews

横島亜衿「精一杯笑って楽しんで」アリスインプロジェクト新作は総勢39名によるダンスバトル・コメディ

ニュース 女優 舞台・ミュージカル
「Dance! Dance! Dance! オルタナティブ」記者発表会より
「Dance! Dance! Dance! オルタナティブ」記者発表会より

アリスインプロジェクト(以下、アリス)の2月公演「Dance! Dance! Dance! オルタナティブ」が池袋・シアターKASSAIで9日より上演を開始した。公演に先立って行われた記者発表会の模様から、キャストらの意気込みを伝える。

2年前に初演が行われた本作は、ダンス対決によって部活動の優劣が決まるという風変わりな学園が舞台。歌とダンス、笑いと涙があふれる新感覚のコメディだ。

 

元AKB48の横島亜衿さんは、主人公・三千院千価を演じる。「私は周りの濃い人に揉まれながら必死に生きていく役。星組と月組でそれぞれのよさがあるので、どちらも見て欲しい。観客の皆さんには、精一杯笑って楽しんで帰って頂きたい」とアピールした。

大覚冴子役のあわつまいさんは本作のヒロイン。「生徒会長らしく、みんなを引っ張っていきたい」と意気込んだ。

劇中にはいろんな部活が登場してライバルと競い合うが、テニス部員を演じるカワイレナさんは、大坂なおみ選手が全豪オープンテニス女子シングルで優勝したことにちなんで、「学校で少しテニスをやっているのですが、大坂選手が世界一になって私も役に力が入ります!試合を見てインスピレーションをもらえたら」と力んでいた。

脚本の麻草郁さんは作品のリブートにあたり、「前回は80年代から90年代のアニメやマンガ作品のパロディが満載でしたが、今回は2000年代以降の作品、さらに2.5次元舞台のパロディが満載。最高に笑える熱量のある作品になっています」と変化を説明。

さらに「今回は主人公のほかにヒロインが登場するんですが、昔のか弱く助けてもらうヒロインではなく、2000年代以降の強いヒロイン像のキャラクター。彼女にツッコミを入れる主人公というシンプルなスタイルでありながら、実は深読みをするといろんなネタが隠れている」と紹介。「劇中に何度も登場する“ダンスフォース”という言葉がひとつのポイントなんですが、観劇中は“ダンスフォースとはなにか?”と考えないで。頭の片隅に置いて舞台を楽しんで欲しい」と見どころを語った。

演出の岡田元也さんは、アリスでは2013年の『名探偵はじめました』初演以来2度目。「39名の女優を輝かせるよう、頑張っていきます!」と意気込んだ。大所帯の座組に「月組は前に出る濃さ、星組はにじみ出る濃さ。どちらも負けずに濃いです」と印象を語った。

また、会見には欠席したが、アリスではお馴染みの花梨さんも重要な役どころで出演するとのこと。他の出演者に負けず劣らずの濃い演技に期待したい。上演は2月17日まで。

公演詳細(アリスインプロジェクト) http://aliceintheater.info

    関連商品