柳ゆり菜「私の全てを捧げるくらい愛した」ヒロイン映画『純平、考え直せ』が初日 | GirlsNews

柳ゆり菜「私の全てを捧げるくらい愛した」ヒロイン映画『純平、考え直せ』が初日

ニュース 女優 映画・ドラマ
柳ゆり菜
柳ゆり菜

女優の柳ゆり菜さんが22日、シネ・リーブル池袋にて行われた映画『純平、考え直せ』の初日舞台挨拶に、主演の野村周平さんらとともに登壇した。柳さんは「本当にこの作品に惚れてしまって、この作品のためなら私の全てを捧げますというくらい、この作品を愛しました」と作品への思いを語った。

新宿・歌舞伎町のチンピラ・坂本純平(野村周平)は、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられるが、偶然出会ったOL・加奈と一夜を共にし、つい“鉄砲玉”になることを洩らしてしまう。退屈を持て余していた加奈は、不思議な胸の高鳴りをおぼえ、決行までの3日間、純平と行動を共にすることに。“鉄砲玉”をやめさせたい加奈はSNSを利用するが、忠告や冷やかし、無責任な声援がネット上に飛び交い出して……。

加奈を演じた柳さんは、以前本作の森岡利行監督が手掛けた舞台にも出演したことがあるというが、森岡監督は「根性がある子だなと思っていたんですけど、今回の映画ではさらに根性を見せてくれた」と絶賛。それに対して柳さんは、「ハードなシーンや大変なシーンもあったんですけど、根性があると言っていただけて嬉しい」と喜びを表した。

そして柳さんは最後に「この作品が今日からみなさんの心や言葉に乗って広がっていくことを願っています」とメッセージを送った。

またSNSで加奈に絡んでいく少女・西田なつみ役を演じている木下愛華さんは「加奈さんにネットを通じて血が通ってないような言葉を吐いたりするんですけど、自分のシーンで、『きちんと血が通っているんだよ』と人間味があるように見せたいと思いました」と語った。

なお、舞台挨拶には、毎熊克哉、岡山天音、佐野岳、佐藤祐基、藤原季節、森田涼花、片岡礼子(敬称略)も登壇した。

映画『純平、考え直せ』はシネ・リーブル池袋などで現在公開中。

柳ゆり菜の動画を観る

関連商品

純平、考え直せ [Blu-ray] / Array

/ Blu-ray キングレコード(2019-03-06)

定価:¥ 5,184