ミュージカル「セーラームーン」 大久保聡美がセーラーコスモスとして再び降臨 | GirlsNews

ミュージカル「セーラームーン」 大久保聡美がセーラーコスモスとして再び降臨

ニュース 女優 舞台・ミュージカル
©武内直子・PNP/ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」製作委員会2017
©武内直子・PNP/ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」製作委員会2017

2013年より上演され、好評を博しているミュージカル『美少女戦士セーラームーン』の次回公演に、先代のセーラームーン役を務めた大久保聡美が、セーラーコスモス役で出演することが18日に明らかとなった。

今秋上演される新作公演<ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Le Mouvement Final-(ル ムヴマン フィナール)>では、ついに未来のセーラームーンの究極の姿であるセーラーコスモスが登場する。

セーラーコスモス役は、2013~15年までセーラームーンを演じた大久保聡美さんが務め、野本ほたるさんが演じる現在(いま)を生きるセーラームーンと、未来を生きるセーラーコスモスの、時空を越えた共演が話題となりそうだ。

新キャラクターのスリーライツや、敵のシャドウ・ギャラクティカ軍団などが加わり、総勢27名で繰り広げられる迫力ある舞台の展開が予想され、ファンには公演が待ちきれないことだろう。

今回はさらに、セーラーコスモスと合わせて、ダブルキャストとなるちびちびの2人のビジュアルも公開された。シリーズ最年少である、ちびちびの活躍にもご注目が集まりそうだ。

「-Le Mouvement Final-」公演に向けてのメッセージ

★セーラーコスモス:大久保聡美(おおくぼ さとみ)
セラミューを卒業してから、「もう一度だけでいいからあの青春の日々に戻りたい。」と切に思いながら過ごしてきました。
そのため、再びセラミューに携われることに驚きと喜びで胸のトキメキがおさまりません。
セーラームーンではなく究極のセーラームーンの姿「セーラーコスモス」を演じるにあたり、課題が山のようにあるかと思います。
卒業したみんなの想いを胸に、新たな仲間たちと共に最終章に相応しいステージを創り上げていきたいと思います!

★ちびちび(Wキャスト):山口陽愛(やまぐち ひなり)
「-Le Mouvement Final-」公演に出演させていただけることになって、本当にうれしい気持ちでいっぱいです。「美少女戦士セーラームーン」は原作、アニメ、ミュージカルをみて、とっても好きになりました。
本番では、お客様に楽しんでいただけるように、日々のお稽古をがんばって、自分の中の一番のちびちび役を演じられるように一生懸命がんばりたいと思います☆

★ちびちび(Wキャスト):新津ちせ(にいつ ちせ)
初めてセーラームーンを知ったのは2歳の頃で、「私もセーラー戦士になる!!」と言ってクルクル回りながら変身や決めポーズを練習し、いつか仲間になるんだ…と夢みていました。
だから、ちびちび役に決まったときは、家じゅうピョンピョン跳びまわるくらい本当にうれしかったです!!
こころから愛をこめて、元気に一生懸命がんばります!

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」公式サイト  http://sailormoon-official.com/musical/

【画像は左から】ちびちび(Wキャスト):山口陽愛、セーラーコスモス:大久保聡美、ちびちび(Wキャスト):新津ちせ
©武内直子・PNP/ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」製作委員会2017

    関連商品