モデルガールズがCA姿、柳沢慎吾が一日機長で映画『フライト』をPR | GirlsNews

モデルガールズがCA姿、柳沢慎吾が一日機長で映画『フライト』をPR

アイドルユニット/グループ モデル 映画・ドラマ
柳沢慎吾・モデルガールズ
柳沢慎吾・モデルガールズ
  • モデルガールズ(左から中村さくら・藤本恵理子・苫米地玲奈・尾花貴絵・春輝・箕島宏美・滝元吏紗・河合ひかる)
  • 柳沢慎吾・モデルガールズ

 2月26日、3月1日に公開される映画『フライト』(配給:パラマウントピクチャーズジャパン)公開直前“テイクオフ”イベントが都内で行われ、映画にちなんで柳沢慎吾さんは機長服、モデルガールズがCA制服姿で登場した。

 男は一夜にしてヒーローになった。旅客機が原因不明の急降下。機長は墜落寸前の期待を回転させ、背面飛行により緊急着陸を成功させ多くの命を救う。それはどんな一流パイロットにも不可能な、まさに奇跡の操縦だった。マスコミが機長を称え、彼は時の人となる。ところが、ある疑惑が浮上する。彼の血中からアルコールが検出されたのだ。彼は真の英雄か?それとも卑劣な犯罪者か?ロバート・ゼキメス監督×デンゼル・ワシントン、ハリウッドの頂点に立つ名匠と名優が贈る衝撃と感動の物語。

 柳沢慎吾さんは「クライマックスがオープニング。凄い迫力。最後はキュンときました。デンゼル・ワシントンの細かい芝居、目の動きとか凄くて雰囲気がある。飛行シーンは迫力があり真に迫ってる」と絶賛した。

 モデルガールズの箕島宏美さんは「冒頭の緊急着陸は汗が出るくらいハラハラしてしまって、後半に進むと心理描写も出てきて内面から心を揺さぶられるような作品。最初から最後までいろんな感情で楽しめました」、藤本恵理子さんは「上空3万フィートからの緊急着陸のシーンは本当に迫力があり、私も手に汗を握りました。主演のデンゼル・ワシントンさんは今年のアカデミー賞にノミネートされて、迫真の演技で感動いたしました。この素晴らしい作品を多くの方に見てもらいたいです」とコメントした。

3月1日より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。