iDOLStreet ストリート生が白熱のバトルを展開する「ストリーーーーーグ!」が開幕! 初回の大阪・名古屋対決は両者1勝ずつ勝利! | GirlsNews

iDOLStreet ストリート生が白熱のバトルを展開する「ストリーーーーーグ!」が開幕! 初回の大阪・名古屋対決は両者1勝ずつ勝利!

アイドルユニット/グループ 音楽
iDOLStreet ストリート生 w-Street OSAKA(左)・w-Street NAGOYA(右)
iDOLStreet ストリート生 w-Street OSAKA(左)・w-Street NAGOYA(右)
  • iDOLStreet ストリート生 w-Street OSAKA
  • iDOLStreet ストリート生 w-Street NAGOYA
  • iDOLStreet ストリート生
  • iDOLStreet ストリート生
  • iDOLStreet ストリート生
  • iDOLStreet ストリート生
  • iDOLStreet ストリート生
  • iDOLStreet ストリート生
  • iDOLStreet ストリート生
  • iDOLStreet ストリート生
  • iDOLStreet ストリート生
  • iDOLStreet ストリート生
  • iDOLStreet ストリート生
  • iDOLStreet ストリート生 w-Street OSAKA(左)・w-Street NAGOYA(右)

 1月21日、iDOLStreet ストリート生による定期ライブ「ストリーーーーーグ!」がTwinBox AKIHABARAにてスタートした。

 この定期ライブは、iDOLStreet ストリート生のe-Street SAPPORO、e-Street TOKYO、w-Street NAGOYA、w-Street OSAKA、w-Street FUKUOKAのメンバーがチームごとにリーグ戦形式で歌やパフォーマンスで対決し、最終的に優勝したチームが4月1日(月)に優勝チーム公演を行う。

 1月21日の定期公演の初日では、w-Street NAGOYAとw-Street OSAKAが対決し、平日の昼間にも関わらずiDOLStreetのファンが殺到しTwinBox AKIHABARAは超満員。夜公演はチケットが完売するほど大盛況となった。

 この日はそれぞれのチームが「絶対!Love Magic」や「キラキラ☆ホリデー」など3曲ずつ合計6曲を披露。最後に全員で「明日へのステップ」を熱唱した。

 昼公演ではw-Street OSAKAのメンバーはフラフープやアイマスク、サザエさんのホイッスルの特技を見せ、w-Street NAGOYAはランドセルを背負ってパフォーマンスを見せ対抗。夜公演では武田舞彩さんは華道を披露し、名古屋メンバーの上品さを見せていた。

 また、ゲームコーナーでは昼公演ではあっち向いてホイ、夜公演では手押し相撲で白熱のバトルが展開。そして、夜公演ではw-Street OSAKAのメンバーの2期生と3期生が初めて一緒に「絶対!Love Magic」を歌う場面も有り盛り上がりました。

 そしてこの様子はニコニコ生放送で生放送され、ニコ生の視聴者による投票にて昼公演は大阪、夜公演では名古屋が勝利し、それぞれのチームが1勝ずつ勝利した。

 w-Street OSAKAの石神澪さんは「ストリーーーーーグの開幕戦だったので、すごい緊張してドキドキで、ストリート生だけで公演をすることが初めてで、初めてだらけですごいテンパってたんですけど、お客さんもすごい来ていただいて成功できたかなと思います。」

 w-Street NAGOYAの浅野由来音さんは「こんなにお客さんと近くでやりとりができると思ってなかったので、すごい新鮮だなと思いました。ミニゲームはそれぞれ自分たちで考えた出し物もあって、いつもの踊って歌うだけとは違う面も見せられたんじゃないかなと思います。あとチェキ会や握手会もあるので、これからどんどんいろんな方に来ていただけたらと思います。」とそれぞれコメント。

 浅野由来音さんは「名古屋チームとしては同じ人数の東京チームに勝ちたいなと思います。」と語ると、石神澪さんは「w-Streetを制覇したいなというのがありまして、でも名古屋と大阪がライバルと言われていたのでちょっとどうなるかなという感じなんですけど、お互い優勝目指して頑張りたいと思います。」と意気込みを語っていた。

 尚、次回1月28日(月)の「ストリーーーーーグ」はe-Street TOKYOとw-Street FUKUOKAが対戦する。

iDOLStreetの動画を観る

関連リンク

iDOL Street
PigooLive

関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。