【chuLaインタビュー 2】10月に約2年半ぶりのワンマンライブ「今までで一番いいライブをしたい!」 | GirlsNews

【chuLaインタビュー 2】10月に約2年半ぶりのワンマンライブ「今までで一番いいライブをしたい!」

アイドルユニット/グループ ニュース

8人組アイドルグループ・chuLa(読み:ちゅら)が先月、“レコード業界初”といわれるフォトカード(チェキフィルム)『chuLa NEW SONG card(仮)』でメジャーデビュー。今回メンバーから、渡辺あやかさん、蒼井聖南さん、七瀬うたさん、田中みうさんの4人にメジャーデビューした心境や、10月に予定されているワンマンライブをはじめ今後への意気込みを聞いた。

★桜木妃奈、佐藤まりん、長尾優、北野ゆか登場 インタビューPart.1

--今回登場してくれたメンバーはいずれも途中加入ですが、加入前にはchuLaについてどんなイメージを持っていましたか?

蒼井聖南「当時赤色のメンバーの人が“偏差値が学年最下位、成績がやばすぎて高校を卒業できない”というTweetがめちゃくちゃバズってて、それが回ってきて初めてchuLaというグループのことを知りました。それをきっかけに曲を聴いたらよくて、すごく元気なグループなんだなと思いました」

七瀬うた「私はchuLaの単独公演を観に行って、盛り上がりがすごいグループだなと思って。それで自分もやってみたいと思って、オーディションがあったので受けました」

--今回念願のメジャーデビューとなりましたが、話を聞いたときはどんな感想でしたか?

蒼井「ライブのときにサプライズ的に聞かされて、『えっ、本当に!?』という感じで信じられなかったです。レコーディングをしているときにも本当にメジャーデビューするのかなと実感が湧かなくて」

--そしてCDデビューと思いきや、まさかの“チェキ”デビュー。

渡辺あやの「まず“チェキデビュー”ってなんなんだろうなって。こういう形もあるんだという驚きがありました。でもすごくchuLaらしいなと。ほかとは違うことをするという、エンタメ性があっていいなと思いました」

田中みう「私は以前別のグループで活動していたのですが、メジャーデビューすることがずっと目標だったので、今回このチャンスをいただけて嬉しかったです! メジャーデビューってグループにとって一度しかないことなので」

--メジャーデビュー日には、商品がショップに並んでいるのを見に行きましたか?

七瀬「タワーレコード渋谷店に行ったら、店内に入ってすぐのところにchuLaの大きな看板と大量の商品が置いてあって、また試聴機もありました。“えっ、これ夢じゃないの!?”って思える状態で。本当にびっくりして、すぐに写真撮って、私も買いました。めちゃくちゃ嬉しかったです!」

--自分で買ったときは、何の曲が入っていましたか?

七瀬「『ギュッと溢れ出す愛情』が出ました」

--今回のシングルは4曲用意され、一枚のフォトカード(チェキ)を買うたびに、どれか1曲が入っているという形なんですよね。ちなみに今回の4曲というのは全部新曲? それともライブですでに人気だった曲も?

七瀬「『ちゅららんレーサー』と『FIGHTING DREAMER』はそれまでもライブで歌っていた曲で、あとの2曲は新曲です」

--リード曲でもある『ちゅららんレーサー』はMVも公開されました。メンバー全員が、約4年前初めてワンマンライブを開催したライブハウス「青山RizM」まで徒歩での完走を目指すドキュメンタリーとなっているんですよね。撮影当日まで内容を知らされず、当日約10kmの道のりをそれぞれがバラバラのスタート地点から公共交通機関、スマートフォンの使用は禁止で、自分の足のみで完走を目指すという内容で。撮影はガチだったんですよね。

4人「はい!」

--たどり着くのに一番時間がかかったのは?

渡辺「私です。ギリギリに到着しました。茨城に住んでいたので、東京の土地勘はまったくなくて、日頃ライブでよく行く場所しかわからないんです。私は田園調布から歩いたんですけど、ここは何区なんだろうという状態で(笑)。田園調布には初めて行きましたが、住宅地でおじいちゃんに話しかけたりしながら歩いてきました」

--しかも全員衣装姿(写真右上参照)で、街なかでその格好だと結構なインパクトがありますね。

蒼井「私はうさ耳にアミアミのニーハイを履いていて、一見バニーガールみたいでした。最初有明からスタートしたんですが、銀座の街をその衣装で歩いていると驚かれました(笑)」

--銀座といえば落ち着いた大人の街ですが、そこにその格好でいるとかなりのギャップがありますね。

蒼井「バニーガールが歩いてて、ちょっと冷たい目で見られてるんじゃないかと思えました」

--一応カメラのスタッフが横にいてくれたんですよね。でもカメラがなかったら……。

渡辺「そういう趣味の人なのかなって(笑)」

--蒼井さんの衣装のような人って原宿駅を降りたらたまにいますよね。

蒼井「原宿だったらまだ……」

田中「私は中原のほうから」

七瀬「私は東陽町から歩きました」

--青山に向かうのには結構わかりにくい場所からのスタートだったんですね。

渡辺「でもたくさん歩いた割にはMVを見たらあんまり映ってなくて」

--MVだとどうしても1曲分の短時間の中にぎゅっと凝縮されますからね。いつかロングバージョンとか完全版みたいなのが作られたらいいですね。

渡辺「それはぜひ作ってほしい!」

3人「作ってほしい!」

渡辺「でも作ってもらっても、大体顔が死んでるから(笑)」

(一同爆笑)

田中「私は熊本から上京して2年経つんですけど、ほぼ外には出ないので。東京の周りは本当に分からなくて」

--それで青山までたどり着いたのは奇跡的ですよね。

田中「はい、いろんな人に話しかけて、なんとかたどりつけました。背中に亀の甲羅をつけた衣装で(笑)」

--かなりインパクトのある衣装(笑)。話しかけられた人はびっくりするかも

田中「びっくりされたと思います(笑)。その格好で商店街を歩いていました」

--さて『ちゅららんレーサー』以外の曲も紹介してもらえますか。

渡辺「『#超ジャングルのチキチキあどべんちゃー』ですが、まず題名のインパクトがすごくて、ジャングルの森の中を思わせるイントロから始まるんですよ。どうなるんか?と思ったら、そこからハイテンポなchuLaらしい元気なミュージックが始まります。聴いたら絶対元気になれる一曲です!」

--ライブで盛り上がれそうですね。

渡辺「振り付けを覚えたら絶対楽しい!“チェキチェキ”みたいな、チェキを撮るポーズが入るところがあって、私たちがそれぞれお気に入りのチェキのポーズをするので、ライブでこのポーズを覚えて、特典会でポーズをとってください!」

--メンバーそれぞれに違うんですか?

渡辺「はい、全員違って、ライブごとでも毎回違います」

--『FIGHTING DREAMER』については?

田中「この曲はchuLaには珍しいタイプの感動的な曲で、ダンスもキャッチーな感じでみんなで一緒にできるところがあったりとか、推しメンが歌っているところをじっくり聴けるのもおすすめです」

--ソロのパートがしっかりあるんですね。田中さんの聴きどころは?

田中「この曲では落ちサビを歌わせていただいています。歌詞でいえば『照らせどんな荒れた世界でも 僕らなら超えていけるよ……』というところで」

--曲全体の中で特にオイシイ箇所なのかも。

田中「はい、ありがとうございます(笑)」

--そして『ギュッと溢れ出す愛情』。

蒼井「以前『スッと君が消えていく感情』という失恋バラード曲があったんですけど、その曲のアンサーソングのようになっていて、だけど今回の曲は、悲しい系というよりは“好きすぎてどうしよう”というような感じになっています。メンバーに対して『好き』って気持ちを持ってくださる方が多いので、自分の感情と重ねて聴いてくださる方が多くて、意外と人気の曲です」

--意外と……って。

(一同爆笑)

--この4人もまた個性豊かな4人ですね。渡辺さんは仕切るタイプなのかな。ライブのMCで大事なポイントになることをしゃべったり。

田中「頭の回転がはやいです」

渡辺「しゃべりたがりなんで、しゃべっちゃうんですけど、あんまり内容がないです(笑)」

--田中さんの趣味の“ひとり動物園というのも面白いですね。

田中「それはガチなんですよ。めったに外に出ないんですけど、2ヶ月に1回くらいは動物園に一人で行きます。雨でも一人で雨ガッパを着て行きます。最初は一人で行くのは迷いましたけど、一回一人で行ったら平気になりました」

渡辺「田中がグループに入ってからより賑やかになりました」

--10月には約2年半ぶりにワンマンライブも行われるようですね。

蒼井「品川ステラボールという、今までのワンマンライブの中でも一番大きな会場でのライブになります。最後にワンマンライブをしたのが2年以上前なんですけど、chuLaだけで大きな会場でワンマンライブをやっても大丈夫ってスタッフさんから思ってもらえた、その事実が嬉しくて自信にもつながりました。今までで一番いいライブをしたいと思います!」

渡辺「ワンマンならではの凝った演出のライブをできるのは楽しみだし、個人的には、憧れていたグループが前にワンマンライブをされていて観ていた会場だったので、同じステージに立てることが嬉しくて! まだ今の私たちだと埋められないと思うので、あと4ヶ月、その目標に向かって、ステップアップしていけるように頑張っていきたいです」

--その憧れのグループって?

渡辺「26時のマスカレイドさんです。ライブを観させてもらったときに、“すごいな!”と圧倒されたので、同じステージに立てるのが楽しみです」

--田中さんは前のグループでワンマンの経験はあるんでしたっけ?

田中「はい。でもそれは私のデビューライブくらいで、その後すぐに解散になったので、あまり経験はないです」

--じゃあ今回のワンマンでは決意も新たに?

田中「10月はちょうど加入して1年になるタイミングなので頑張りたいです! マネージャーさんに、『一人一人がお客さんを呼ぼうと固い決意を持たないと会場を埋められない』という話をしてもらったので、先輩たちに甘えるのではなく自分もしっかり貢献したいと思いました」

七瀬「私も初ワンマンなんですけど、品川ステラボールのような大きなステージに立てるなんて、今からすごく楽しみです。でも自分はまだまだ足りないものだらけなので、当日までにパワーアップした姿をお見せできるように頑張りたいです」

--そして、そのワンマンライブの先の目標はありますか。

田中「日本武道館のステージに立ってみたいです!」

七瀬「私はトロッコに乗りたい(笑)」

--アリーナのライブでメンバーを乗せて客席スペースを動き回るトロッコね。

一同「乗りたい!」

--それじゃ、トロッコに乗れるくらいの大きな会場でライブを開けるようにならなければ。

七瀬「はい!」

蒼井「すごくやりたいことがいっぱいあるんですけど、私には曲を作ってもらいたいアーティストの方がいて。玉屋2060%さんと、私の好きなバンド、KEYTALKの首藤義勝さん。アイドルグループに積極的に楽曲を提供されている方たちなので、私たちも書いてもらえるようになりたいです!」

渡辺「私はいつか満杯の会場で声出しOKのライブができるようになったらいいなと思います。私たちのライブってお客さんとワーっと一緒に盛り上がれるのが特長で、今の私たちのパフォーマンス力でフロアをどれくらい湧かせられるか、力を試してみたいです」

--渡辺さんはお客さんが声を出して盛り上がっている時代を知っていますからね。

渡辺「はい、私たちの持ち味を最大限に発揮できるライブを早くやりたいなと思います!」

(インタビュー・終)

chuLa(チュラ)

2017年に結成。同年12月青山・RizMにて1stワンマンライブを開催。2020年、1stシングル『完全無敵あいうえお』をリリース。今年5月、徳間ジャパンよりメジャーデビューを果たした。2年半ぶりとなるワンマンライブが10月10日、東京・品川ステラボールで開催決定。

【MV】chuLa/ちゅららんレーサー

chuLaの動画を観る

関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。