BiSH アイナ・ジ・エンドの初書き下ろし曲がドラマ主題歌に「男の人目線で初めて書きました」 | GirlsNews

BiSH アイナ・ジ・エンドの初書き下ろし曲がドラマ主題歌に「男の人目線で初めて書きました」

アーティスト アイドルユニット/グループ ニュース 映画・ドラマ 音楽
アイナ・ジ・エンド
アイナ・ジ・エンド

BiSHのアイナ・ジ・エンドさんが19日、エンディング主題歌を歌うドラマ『死にたい夜にかぎって』(MBS/TBSドラマイズムにて2月下旬スタート)の先行試写会&トークイベントに、主演の賀来賢人らと登壇した。

爪切男さんの原作による「女性に振り回され続けた、どうしようもない男の“実録”半生」を描いたドラマで、主演の賀来さんが主人公・浩史を演じるほか、彼の運命を大きく左右する女性・アスカを山本舞香さんが熱演する。

エンディング主題歌を作詞作曲したアイナさんは、「曲を書き下ろすのが人生で初めてだったのですが、原作がすごく好きだったので、苦しむこともなく、好きなように捉えて作らせていただきました」とコメント。村尾嘉昭監督からも「何もNGはないので、思った通りにやってください」と言われたそうで、「いつもよりすらっと歌詞が書けた。男の人目線で初めて書いたので、曲も自分史上一番低いところからスタートさせて、自分なりの男の人の歌を作ってみました」と明かした。

アイナさんが原作でお気に入りの場面を「浩史がアスカに首を絞められた回数をスタンプカードにして、貯まったら自分にご褒美するという話。どんだけポジティブなんだと」と紹介すると、爪切男さんは「これも実話。病気の治療の副作用で彼女が攻撃的になってしまって。あまりに首を締められるので、台紙がすぐに埋まってしまいました」と明かした。

実は第1話で、居酒屋のお客さん役で出演もしているアイナさんは「生まれて初めて演技をしたんですけど、全役者さんを尊敬しました」と照れ、「いつも鳥貴族でひとりで飲んでるので、そのままですよ」と笑っていた。

『死にたい夜にかぎって』
NBS:2020年2月23日スタート 毎週日曜24:50~
TBS:2020年2月25日スタート 毎週火曜25:28~
(C)2020「死にたい夜にかぎって」製作委員会・MBS
(C)爪切男/扶桑社

アイナ・ジ・エンド Twitter @aina_BiSH

    関連商品