アプガ(仮)、アプガ(プロレス)の成長に「お母さんみたいな気持ちになって、泣きそう」 | GirlsNews

アプガ(仮)、アプガ(プロレス)の成長に「お母さんみたいな気持ちになって、泣きそう」

アイドルユニット/グループ ニュース
「アップアップ東京女子(プロレス)(仮)~全員一緒にアッパーキック!~」
「アップアップ東京女子(プロレス)(仮)~全員一緒にアッパーキック!~」

アップアップガールズ(仮)と姉妹グループのアップアップガールズ(プロレス)が、東京女子プロレスとコラボした大会「アップアップ東京女子(プロレス)(仮)~全員一緒にアッパーキック!~」を東京・新宿FACEで27日に登場した。

今大会はインターネットテレビ局「AbemaTV」格闘チャンネルで生中継が行なわれた。7月3日までは無料で視聴可能となっている。

試合終了後のインタビューで、アプガ(仮)の新井愛瞳さんは、「1月のデビュー戦から半年ぶりに試合を観て、すごく成長を感じることができました。プロレスに関しては知識がないので、どれくらい大変なのか分かりませんがアイドル界も、プロレス界も、ナンバーワン目指して頑張ってもらいたい。ぜひ、Vol.2が開かれることを願っています」と答えた。

関根梓さんは、「アプガ(仮)も逆境を乗り越えてここまでやってきたので、彼女たちが負けそうになっても何度も何度も立ち上がる姿を観て、私たちの気持ちが受け継がれてるなと思って嬉しかったし、お母さんみたいな気持ちになって、泣きそうになりました。私たちが予想していた以上の熱い気持ちをリングで伝えていたので、すごくかっこいいし、誇らしい妹です」と褒め称えた。

森咲樹さんは「あらためて、一緒に戦う仲間だな、と思ったので、これからもアプガ(プロレス)の子達といろんな夢を見てゆきたい」と語った。

 

【大会を終えたアプガ(プロレス)の感想】

<ラク>
今回は3回目のシングルだったんですけれど、初めてがユカさんで、次が山下さんで。その山下さんとシングルをやった時に、すごく自分の中でプロレスに対する思いが大きく変わったんですけれども、また今日もリカさんとシングルをさせていただいて、またプロレスに対する気持ちが積み上がったっていうか、人生の中で大きい一日にすることができたな、と思います。
そして、ずっと昔からアップアップガールズ(仮)姉さんが好きだったので、リングに上った瞬間に、大好きな(仮)姉さんに自分がリングで戦っている姿を生でこんな近くで見てもらえることに、すごい嬉しくなって、泣きそうになったんですけれども、今日は絶対に負けたくなかったし、弱いところは見せたくなかったので、強い気持ちで臨みました。自分で言うのもアレですけれども、楽しくていい試合ができたと思います。

<ヒカリ>
私はアプガ(プロレス)に入って、もちろんアイドルもあるんですけれども、やっぱりプロレスが大好きで、今までも、これからもずっとプロレスを軸に成長していくのかなと思っています。
前回の抽選会の時に中島さんから私に、「怖くない」とか、「遊びの気持ちで試合をする」という言葉をもらって、すごく悔しかったし、今まで私が真剣に取り組んでいたものは、自分では納得してたんだけど、だだのつもりだったのかなって、その日から今まで以上に考えるようになりました。やっぱり先輩の技って、一つ一つがすごく重くて痛くて、今までは一つ一つ受けるのが怖いって気持ちがあったんですけれども、その言葉を聞いてから、やられたら絶対にその倍の技でやり返してやろう、っていう気持ちが強くなって、だから今日は中島さんのことは怖いと思わなかったです。
まだまだ先輩方にその気持ちが伝わってないのかなって、今回改めて思ったので、プロレスに関して今以上に真剣に取り組んでいきたいです。今回は負けてしまったんですけれど、先輩だからとか、そういう理由で自分の負けを認めたくないし、あと半年で私も一年になるので、その1年後には東京女子のトップに立って、中島さんを超えたいと思っています。

<ヒナノ>
私はメンバーで唯一今回が初めてのシングルマッチで、今までなんで自分はみんなみたいにシングルマッチをやらせてもらえないんだろう、先輩の中に入れてもらえないんだろうと思って、自分はみんなよりプロレスのセンスがないと思われてるんだろうなと思って、すごく弱気になっていたこともありました。
だからこそ今回のこのシングルマッチを組んでいただいたことにすごく感謝していて、絶対に今日で私はこのグループの中でも、東京女子の中でも、絶対に必要な存在になりたい、絶対に今日で変わってやるって思って、試合に臨みました。でも坂崎さんは強くて負けてしまったんですけど、絶対にいつかは超えたい壁なので、まだまだ成長していきたいと思います。

<ミウ>
私はアイドルになる前から「全力」という言葉がすごく好きなんですが、今回試合の前に「お前たちは甘えてる。全力ではない」と言われたことがすごく悔しかったんです。自分の中では必死に活動してきたのに「自分のこの1年間は何だったのだろう」と改めて今回の試合で考えさせられる機会になりました。
まだまだ「アプガ(プロレス)って、何? アイドルって何でもありなんだね」っていう目で、私たちを見られがちなんですけれども、そうは思われたくなくて、アイドルもプロレスもどっちも頑張ってるんだと、全力で全力っていうのを認めてもらえるように、これからも頑張っていきたいなと思いました。
今回は神様が私にチャンスをくれたんだなというふうに思って、必死に頑張っていたんですが、でもやっぱり山下さんは強くて。客観的に見て「アプガ(プロレス)じゃまだ無理だろう」ってみんな思っていたと思うし、実際に「あとは内容でどれだけ頑張れるかでしょ」みたいな声も聞いていました。でも、「気持ちでは負けるな」と言われて、私も「気持ちでは絶対に勝ちたい」って、「全力っていう気持ちでは負けない」と思って戦ったんですが、敵いませんでした。
AbemaTVの中継もあって、たくさんの人が観てくれたと思うので、観てくれた人が一人でもアプガ(プロレス)は全力だって思ってくれたら嬉しいです。ここでチャンスを終わらせるのではなく、次に山下さんと戦う時には、ベルトを賭けた戦いができるように、これからもっともっといろんなことに全力で取り組んでいきたいと思います。

 

アップアップ東京女子(プロレス)(仮)~全員一緒にアッパーキック!~

 

【対戦カード】

「アップアップガールズ(偽)新宿超決戦」
のどかおねえさん vs 上福ゆきwith大石真翔&ハイパーミサヲ

沙希様&アズサ・クリスティ vs まなせゆうな&愛野ユキ

伊藤麻希&瑞希 vs 優宇&才木玲佳

「挑み続けるぜ、FIGHTING GIRLS!」4対4チャレンジマッチ
辰巳リカ vs ラク
中島翔子 vs ヒカリ
坂崎ユカ vs ヒナノ
山下実優 vs ミウ

「AbemaTV」格闘チャンネル https://gxyt4.app.goo.gl/UZNr

    関連商品