松村沙友理、JAグループお米消費拡大アンバサダーに就任 乃木坂46卒業祝い“一生分のお米”に大喜び | GirlsNews

松村沙友理、JAグループお米消費拡大アンバサダーに就任 乃木坂46卒業祝い“一生分のお米”に大喜び

ニュース

今年7月、乃木坂46を卒業した松村沙友理さんが22日、「JAグループお米消費拡大アンバサダー」任命式&しあわせおすそ分け!キャンペーン記者発表会”に出席した。

お米好きで有名で「お米担当」として活躍してきた松村さんは、お米をイメージした純白衣装で登壇。乃木坂46ご卒業祝いの“一生分のお米”(約3.6トン)を贈呈された。

松村さんは卒業後の心境や生活について「乃木坂46という大好きなグループを卒業し、これからも一生懸命がんばっていこうという気持ちと、いろいろなことにトライしていきたいという前向きな気持ちです」とコメントした。

また、JA全中 中家会長の「”お米一生分“は人が一年に食べる量をお米1俵(60kg)×60年で計算しました」とのコメントに対し、松村さんは「ほんとうにびっくりしました! 一生分のお米をいただけるなんて、まったく思ってなかったので、うれしいです」と大喜び。

「農家さんが心を込めて、丹精込めて作ってくださったお米なので、最後のひとつぶまで大切に大切に食べたいと思います。お米が心から好き、ほんとうに美味しい。まさかの3.6トンというお米をいただいて光栄です。みなさんにもお米の美味しさを伝えられるように、これからもがんばりたいと思います!」と感謝を込めて意気込んだ。

任命を受けて松村さんは「いま日本ではお米離れが進んでしまっています。ただただご飯が大好きで、いつもたくさんご飯を食べていたので、お米消費拡大アンバサダーに選ばれたからには、その美味しさをみなさんにも再認識していただけるように、ご飯の魅力や美味しさ、そして美と健康にもいいことを、発信していきたいと思いいます。がんばります!」とコメント。

また、お米に関するトークセッションでは、「お米消費拡大アンバサダー」に就任した松村さんに、お米に対する「愛」を問うさまざまな質問を展開。「お米消費拡大アンバサダー」にふさわしい、「お米愛」と「お米の知識」を語った。

“ズバリ、松村さんにとってお米とは?”の質問には、「私にとってお米とは、“幼馴染”です!」と回答。「お米は、私が物心つく前からずっと身近にあった存在です。落ち込んだときとか、良いことがあったときに、いつもお米を食べていました。私の人生のなかで山あり谷ありのときにも、どんなときもお米がすぐ近くにありました。いつも話を聞いてくれたような存在ともいうか……絶妙な距離感がいいんですよね! だから、ずーっと小さいときからいっしょにいるような、幼馴染のような存在なんです」と語った。

任命式のあとは、アンバサダー初仕事となる『しあわせおすそ分け!お米4600名プレゼントキャンペーン』の告知が行われた。キャンペーンでは松村さんのアンバサダー写真と、直筆メッセージが印刷された、オリジナル限定パッケージのパックご飯「農協ごはん」(JA全農提供)がプレゼントされる。

松村さんは「今回、プレゼントするお米は特別仕様のパックご飯です。おうちに炊飯器がない人も食べられるように、このキャンペーンのために特別につくってくださったものです。この特別なパックご飯をひとくち食べて、噛み締めて、お米の虜になっていただきたいと思います。ぜひみなさん、キャンペーンに応募していただき、いっしょにご飯を美味しく食べる毎日を過ごしましょう!」とコメントした。

その後は、会場が“神田明神ホール”であることにちなんで、「絵馬」と「お米」の奉納も行われた。松村さんは『みんながお米をおいしくたくさん食べて、幸せになりますように♡ #国消国産』と書き入れた絵馬に「お米を食べると私自身、幸せになるし、満たされた気持ちになります。みなさんといっしょにお米を食べて、いっしょに幸せになりたいと思います。そしてお米の誤解を払拭したい!栄養がいっぱいあって健康に良いということを発信していきたいと思います!」とコメントした。

キャンペーン特設サイトhttps://www.asahi.com/ads/okome_osusowake/

    関連商品