【アプガ(仮)新体制インタビュー /古谷柚里花、住田悠華】“最年少がツッコミ役”はアプガ(仮)の伝統!? | GirlsNews

【アプガ(仮)新体制インタビュー /古谷柚里花、住田悠華】“最年少がツッコミ役”はアプガ(仮)の伝統!?

アイドルユニット/グループ ニュース
住田悠華 古谷柚里花
住田悠華 古谷柚里花

活動スタートから10年を迎え、“アスリート系アイドル”として独自のスタンスを築いてきたアップアップガールズ(仮)。そんなアプガ(仮)から昨年末に5人のメンバー中4人が卒業。そして結成メンバーである関根梓さんに、新メンバー7人を迎え、今年から“新生・アップアップガールズ(仮)”がスタートした。この新生・アプガ(仮)の本格的な始動の場となる2月28日のワンマンライブに向けて奮闘中の新メンバーにインタビュー。初回は新メンバー最年長の古谷柚里花さんと、最年少・住田悠華さんの二人が登場。※取材は2月初旬。

【アプガ(仮)新体制インタビュー /鈴木あゆ、小山星流】

--二人はこれまでアイドルのオーディションを受けた経験はあったんですか?

古谷柚里花「高校生のときに1年ちょっと地下アイドルのようなグループで活動していて、お客さんの前でパフォーマンスした経験はありますが、ほぼ初心者です」

住田悠華「私はまったく初めてです」

--そんな住田さんがオーディションを受けたきっかけは?

住田「小さな頃からお母さんに連れられて、ハロー!プロジェクトさんのコンサートを観に行っていて、そこからだんだん好きになって、自分もアイドルになりたいと思うようになりました」

--お母さんは誰のファンなの?

住田「もともとはモーニング娘。さんだったんですけど、今は鈴木愛理さんの大ファンです」

--自分もファンだったり?

住田「はい、鈴木愛理さんのファンです!」

--親子ともども(笑)。イメージカラーが℃-ute時代の愛理さんと同じピンクでよかったですね。

住田「はい!」

--古谷さんは最初のグループに入ったときからこの世界に憧れていたんですか?

古谷「そのときはアイドルになることには憧れていなくて、どちらかというと、本格的な歌手になりたかったんです。でも“経験としてアイドルもやってみたら?”と勧められてアイドル活動を始めました。それでその楽しさを知ったのですが、家庭の事情でやめなくちゃいけなくなって……。でもまだ活動に未練があったので、今回挑戦しました」

--それぞれアップアップガールズ(仮)のことは知っていましたか?

住田「私はあんまり知らなかったです」

古谷「私もハロー!プロジェクトさんが好きだったので、名前だけは聞いたことがありましたけど、詳しくは知らなかったです」

--古谷さんもハロプロファンだったんですね(笑)。

古谷「はい。ここ二人はオーディションに受かる直前まで、普通にファンとして現場に行ってたよね?」

--古谷さんは誰のファン?

古谷「小田さくらさん(モーニング娘。‘21)です」

--さて、今回合格発表を聞いたときは?

古谷「合格を伝えられた日は、『最後に追加審査をやりますので』と集められたんです。審査を受ける気満々で行って部屋のドアを開けたらアプガ(仮)の5人の先輩メンバーがいらっしゃって、びっくりしました! それで『やっていけますか』などといった質疑応答があって、そして『合格です!』と言われました」

住田「サプライズ発表だったから、現実味がなくて、頭が真っ白で、その後リハーサルを重ねるごとに実感が湧いてきた感じです。オーディションでは、いろんなことが進みすぎて自分の考えが追いついていかない状態でした」

--その後、12月17日、アップアップガールズ(仮)5人体制最後のワンマンとなったZepp Tokyoのステージで、新メンバーお披露目がありました。

古谷「こんなふうにオーディション合格者がライブでお披露目されるのは、アプガ(仮)としては初めてだったので、お客さんの反応が心配でした。しかもその後に先輩と一緒に歌ったので、今までアプガ(仮)を応援してこられた方にどう思われるかな、という思いはありました」

--古谷さんはライブ経験はあったと思いますが、だいぶ違った?

古谷「ステージの経験はあるんですけど、あんなに広いステージは初めてで。私はお客さん0人というライブの経験もありますから(笑)」

住田「私はZepp Tokyoには見る側で何回か行っていたので、その好きな方が立っていたステージに自分も立っていることに実感が湧かなかったんですけど、立ったときはお客さんの顔がハッキリ見えました。みなさん笑顔で見てくれていて、緊張したけど、楽しかったです」

--顔が見えたのは前のほうのお客さんだけでなく?

住田「はい。奥のほうの方まで見えて。今思えば、私が観客としてライブに行ってたときも見られてたんだなと思って(笑)」

--合格が決まってすぐのステージ。住田さんは未経験だから大変だったかも。

住田「歌は苦手だったので、どうしたらいいかわからなかったんですけど、メンバーのみんなが教えてくれたので、本番はうまくできたのかなと思います」

--ステージではどんな曲を?

住田「『FOREVER YOUNG』を歌いました」

--アプガ(仮)曲の中でも特にライブで盛り上がる一曲ですね。今の新メンバーの活動内容は?

古谷「今はワンマンライブに向けて、ほぼほぼ毎日、8時間くらいリハーサルをやっています。ライブが決まったとき、まだ5曲しかステージでやってなかったので、そこからワンマンライブの曲数を覚えるのが大変で」

--12月17日のお披露目のあと、何度かライブの経験も?

古谷「大晦日に『ももいろ歌合戦』に出演させていただき、そこでも『FOREVER YOUNG』を歌いました。その後お正月の『ニューイヤープレミアムパーティー2021』に出演させてもらい、初めて新体制メンバーだけのステージで4曲歌わせていただきました」

住田「もうみんな頭がパンク状態でした」

古谷「28日のライブでは予定しているのが16曲か17曲くらいです。それを必死で覚えています」

--住田さんは大丈夫? ついていけてますか?

住田「私、記憶力だけはいいので、ダンスはその場で教えてもらってだいたい覚えられて、家で復習したら次の日にはちゃんと踊れるようになりました。でもそこからステージで魅せられるようにしていくのが課題です」

--でも今回、関根さん以外は全員同じスタートラインというのは良かったのかも。

古谷「そうですね、同期が7人いると安心感があります」

--リハーサル、レッスンを繰り返す中で徐々にチームワークができていっているのでは?

古谷「そうですね。最初は関根さんとお話しするのにも、大先輩すぎて、新人のみんなは何を話しかけていいかわからなかったんです。でも関根さんから新体制が始まるにあたって、『“関根さん”呼びはやめよう』と言ってくださって。それから私は“あーちゃん”って呼んでます」

住田「私も“あーちゃん”呼びで」

古谷「でもそれがきっかけでどんどん話すようになって、今でははるきゅん(住田)は最年少ですが、あーちゃんにツッコんだりしています(笑)」

--年下だけどツッコミ役?

古谷「ツッコミめちゃ厳しいです(笑)」

住田「え、厳しくないです!(笑)」

--お姉さんメンバーが天然なことを言ったら即ツッこむ、みたいな?

古谷「そう、そんな感じです。逆に私も含めてお姉さんメンバーは年下の子に甘えちゃうところがあります」

--最年少がツッコミ役というのは、先代の新井愛瞳さんからのアプガ(仮)の伝統なのかも(笑)。古谷さんは新メンバーではお姉さん?

古谷「はい。関根さんの次にお姉さんです」

--お姉さんだけど、ちょっと天然なところも?

古谷「そうですね、自分はあんまり引っ張るというタイプではないので、基本的に一歩下がって、みんなのことを見て、気になるなというところだけ言う感じです」

住田「でも最近は素がでてきたのか、毒舌になってきて……」

古谷「そんなことないよ!」

住田「意外と毒舌家なんですよ。ふわふわしているように見えて、きついことを言うときもあります」

--最初はみんな猫かぶってたけど、徐々に素がでてきてるのかも(笑)。新メンバーのまとめ役って古谷さん?

古谷「そうですね。でもどうなんだろ、新メンバーみんなしっかりしている子が多くて、それぞれの分野でひっぱる子がいます。たとえばダンスだったら工藤菫ちゃんが得意で仕切ってくれたり」

--二人が加入前に抱いていたアプガ(仮)の印象って?

住田「ライブ映像を見たんですけど、ファンの方の盛り上がりがすごいのと、体力がすごいなと思いました」

--やっていけそう?

住田「正直今のままだとやばいなと思いました。体力つけて頑張りたいと思いました」

古谷「私はムチャなことばかりやらされているイメージがありましたが、ほかのグループとは違うことをやっているのがアプガ(仮)のいいところだと思ったので、逆に最悪の状況を覚悟できたというか、いつ火山に登らされても心構えができている。まあこういうこともそのうちにあるかなと(笑)」

--先代メンバーは個性豊かで、それをステージで発揮することもありました。たとえば佐保明梨さんは長らくステージで空手の型を披露したり。そういうキャラも見えつつあるのかも。

古谷「私は阿波踊りと……、あと最近ファンの方やメンバーの子たちから“姫”と言われることがあって、『お嬢様みたいだね』と言われて、キャラ的には“姫キャラ”になってきています」

住田「私は走るのが好き! Zeppのステージでも走らせていただきました」

--住田さんはアスリートキャラ?

住田「そうですね、運動は好きです。今はテニス部に入っています」

--スリムだけど、意外とアプガ(仮)のアスリート系なところについていけるかも。

住田「はい、体力には自信があります!」

--高校生メンバーは住田さん一人?

住田「はい。(仮)では私だけです。(2)さんにはいますが」

--二人にとってアプガ(2)は「(2)さん(にきさん)」なんですね(笑)。

住田「そうです、そうです。先輩になりますので」

--最後に28日のライブに向けての意気込みを。

古谷「新体制の良さや勢いをみなさんに知っていただく大事な日だと思うので、気合いを入れて頑張りたいと思います!」

住田「ずっとみんなで練習してきているので、お正月のステージのときからの成長を見てもらえるように頑張りたいと思います!』

新体制初単独ライブ「アップアップガールズ(仮)ここから始まる右肩上がり~Going my↑~ 」は2月28日(日)、Veats Shibuyaで開催。

その他、アップアップガールズ(仮)についての詳細は公式サイトにて
http://www.upupgirlskakkokari.com/

アップアップガールズ(仮)プロフィール
http://yum-e.jp/talent/up_up_girls/

アップアップガールズ(仮)の動画を観る

関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。