アップアップガールズ(仮)、新企画「どこでもライブ大作戦」始動 ファンからライブの場所のリクエストも受付 | GirlsNews

アップアップガールズ(仮)、新企画「どこでもライブ大作戦」始動 ファンからライブの場所のリクエストも受付

アイドルユニット/グループ ニュース
アップアップガールズ(仮)
アップアップガールズ(仮)

5人組アイドルグループ・アップアップガールズ(仮)がニューシングル『It’s Up To You / HAPPY NAKED!! / BIG BANG』の発売記念イベントを15日、池袋マルイ イベント会場にて開催した。イベント内では、新企画『アップアップガールズ(仮) 5 to the 5th Power どこでもライブ大作戦』の実施を発表。彼女たちが、これまでライブをしたことのない場所でライブをするという企画で、ファンからの提案や要望も受け付けるという。

ミニライブ後に行われた取材会では新井愛瞳さんから、この企画の詳細を説明。「ライブハウスだけでなく、富士山の山頂、陸の孤島などいろんな場所や、ノンストップライブや全曲ライブだったりいろんな形のライブをやってきたアプガだからこそできる企画だと思っています。結婚式、入学式、卒業式……どんな場面でも熱く楽しいライブをお届けしたいというのが、ライブアイドル・アップアップガールズ(仮)としてのコンセプトなので、今回こういう企画ご用意させたていただきました。自分たち発信だけでなく、みなさんから『こういうところでライブをしてほしい』という希望もいただいて、そこから打ち合わせをして一緒にライブを作っていく企画になっています」と説明した。「今年みたいに47都道府県を回れたらいいなと思いつつ、海外にも行けたらいいなと思います」と意気込む新井さん。また「この企画は“闇営業”ではありません。安全です」と語り、笑いを誘った。

また古川小夏さんは「私たちライブをやっている瞬間が幸せなので、その空間をより幸せなものにできればいいなと思います。結婚式とか誕生日会とか、お祝いの席を私たち力で盛り上げられたら」と語ると、森咲樹さんは「サプライズみたいな感じでもできたら! 結婚式とかお祝い事でハッピーなサプライズをしてみたい」と希望した。

特に、ライブをしてみたいシチュエーションとそこで歌いたい曲を問われると、「幼稚園、保育園、老人ホームなど老若男女問わずいろんな方の前で『私達』を歌いたい」(関根梓)、「会社の内定式で『ストレラ!~Straight Up!~』を歌いたい」(森)、「入社式や入学式で『Going my ↑』を歌いたい」(古川)、「空手の大会で試合の前に『Burn the fire!!』を歌いたい」(佐保明梨)、「私は受験の会場で『サバイバルガールズ』を歌って応援したい」(新井)と、それぞれ語った。また新井さんは新曲なら『HAPPY NAKED!!』だったら結婚式にも合いそう」と付け加えた。

そして取材会の最後に新井さんは2020年に向けて、「アップアップガールズ(仮)、結成9周年を迎えます。いよいよ10周年に向けての準備期間として、やはりライブアイドルとしてたくさんライブを行っていきたいと思いつつ、この企画もあるので、2019年以上にライブ本数を増やして、いろんな人をアプガファミリー(ファン)にして、今年のライブのタイトルにもあったように、“底なしの一体感”をさらに強めていければいいなと思います」と意気込みを語った。

なお、イベント内のミニライブではニューシングル収録の3曲のほか、初期からのライブ盛り上げ曲『バレバレ I LOVE YOU』『アッパーカット!』も披露。大きな盛り上がりを見せた。

今回のシングルでは、グループ史上初、収録曲3曲をすべてメンバーが振付を担当。『HAPPY NAKED!! 』と『BIG BANG』はこれまでも振付を担当してきたた古川小夏さんが担当。そして『It’s Up To You』で初めて振付を担当した佐保明梨さんは「小夏ちゃんに聞きながら、考えていきました。今までにないような曲だったので、新しいアプガを見せられれらいいなと思って、より大人っぽさや女性らしさを意識して……」振付を作ったとのことだ。

■『アップアップガールズ(仮) 5 to the 5th Power どこでもライブ大作戦』募集メールアドレス
upupgirlsbosyu@gmail.com

アップアップガールズ(仮)の動画を観る

関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。