大原櫻子、ツアーファイナル公演で新曲『I am I』初披露、MVが公開 ツアーライブ映像作品発売も発表 | GirlsNews

大原櫻子、ツアーファイナル公演で新曲『I am I』初披露、MVが公開 ツアーライブ映像作品発売も発表

アーティスト ニュース
大原櫻子 撮影/YUSUKE TAKAMURA(以下同)
大原櫻子 撮影/YUSUKE TAKAMURA(以下同)

歌手の大原櫻子さんが11日の神戸・国際会館こくさいホール公演でツアーファイナルを迎え、そのアンコールで31日発売ニューシングルのタイトル曲『I am I』を初披露した。併せて、『I am I』のミュージックビデオが公開。また本ツアーの映像作品が9月25日に発売することも発表された。

今ツアーでは、デビュー当初より評判の歌唱力とギターを持ったスタイルに加え、キレのあるダンスとフォーメーションでも魅せるダンスパフォーマンスパートや、幼少時より歌ってきたディズニー映画『リトル・マーメイド』と『ドリームガールズ』の英語ナンバーにテレビでの歌唱も話題となったSia『シャンデリア』のカバーまで、5年間と新たなトライが凝縮されたパフォーマンスとなった。

ツアーファイナルの神戸公演では、途中、これまでにはなかった質問大会を設けたりと観客が楽しめるさまざまな場面もちりばめてあった。代表曲の一つでもある『瞳』を歌唱する際には「昨日、中学時代の音楽祭の映像をみたら初心に帰った気がしました」とも。後半の激しいナンバー『READY GO!』では我慢できず客席を駆け回り煽る場面も。思わず「煽燃えたね~FINALって感じでした」と。アンコールでは今回のクライマックスの一つでもあるSiaの『シャンデリア』のカバーを「姉が歌って欲しいとオススメしてくれた曲です。私は心を掴まれました」とじっくり聴かせるように熱く歌唱した。

そしてアンコール2曲目にサプライズで新曲初披露を「神戸だけスペシャルに一曲増やしていいですか?今日は新曲を初披露させていただきます!ちょっと緊張しておりますのでみなさん温かい拍手をお願いします」とコメントし歌唱。記念すべき10枚目のシングルタイトル曲とあって会場のファンからの歓声も一際大きな瞬間に。本人も興奮のあまり、この曲でも客席を練り歩きファンと一体となって歌唱した。そして、最後はマイクを通さな生声の歌唱でスタートしたデビュー曲『明日も』でツアーはファイナルを迎えた。 

そして、9月25日にこのツアーの映像作品『LIVE Blu-ray&DVD大原櫻子 5th Anniversary コンサート「CAM-ON! ~FROM NOW ON!~」』の発売も発表となった。曲ごとに各会場の収録より厳選し、さらにはツアー中のさまざまな場面も収録したツアードキュメント映像とのことだ。

さらに12日正午より、31日発売シングルのタイトル曲『I am I』のミュージックビデオが公開となった。主演&主題歌となっているドラマタイトルに因んだかのような雨模様の中での撮影になっている。これまでのミュージックビデオ撮影の際は、現場で雨が上がるほど強力な晴れ女ぶりを発揮していたが、今回は逆に雨を呼び込んだかのようなことになったという。雨の中、傘を持った2つの人格を演じている大原櫻子。歌詞の内容に沿った、殻を破ってそっと1歩を踏み出して行く1一人の女性の様が描かれた、雨天ながら晴れ晴れとした気持ちにさせてくれる映像となっている。7月31日発売シングルの初回限定盤に収録されている。
 
■大原櫻子 – I am I (Official Music Video)

関連商品