モーニング娘。’20、“プラチナ期”のあの名曲を現役メンバーで歌唱 コロナ禍の世の中を癒すような歌声 | GirlsNews

モーニング娘。’20、“プラチナ期”のあの名曲を現役メンバーで歌唱 コロナ禍の世の中を癒すような歌声

アイドルユニット/グループ ニュース ハロプロ
モーニング娘。'20
モーニング娘。'20

アイドルグループ・モーニング娘。’20が『雨の降らない星では愛せないだろう?』のピアノ伴奏バージョンの歌唱動画を22日、公式YouTubeチャンネルで公開。メンバーの野中美希さんのピアノ伴奏で、メンバーそれぞれリモート収録した歌唱動画を合わせ、美しい歌声を響かせている。

■井上玲音がJuice=Juice曲を歌った! あの人気曲をグループ加入後初、ソロで披露
https://girlsnews.tv/unit/355819

『雨の降らない星では愛せないだろう?』は2009年に発売された、モーニング娘。の9枚目のオリジナルアルバム『プラチナ9DISC』に収録の人気曲。日々の暮らしの中にある愛情から、スケールの大きな愛へと展開していく、つんくさんらしい歌詞を、美しいバラードに乗せて歌った曲で、オリジナル発表時以降のメンバーもコンサートなどで歌い継いでいる。

新型コロナウィルスの感染拡大の影響でライブやイベントの開催自粛するようになってから、ハロー!プロジェクトの各グループではピアノ伴奏バージョンの歌唱動画を公開しているが、今回モー娘。も挑戦。貫禄すら感じる歌声を披露している。特に、『雨の降らない星では愛せないだろう?』はコロナ禍で落ち込みがちな人々の心にエールを送るような楽曲で、ハロプロファンを中心に大きな反響となっている。

■モーニング娘。’20「雨の降らない星では愛せないだろう?」ピアノ伴奏バージョン

関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。