椎名ひかり、長澤茉里奈の眼球舐めシーンに「濡れ場ですよね!」と興奮 | GirlsNews

椎名ひかり、長澤茉里奈の眼球舐めシーンに「濡れ場ですよね!」と興奮

ニュース モデル 女優 映画・ドラマ
「少女ピカレスク」初日舞台挨拶より
「少女ピカレスク」初日舞台挨拶より

モデルを中心に活躍するサブカルチャーのポップアイコン的存在・椎名ひかりさんが主演する配信ドラマ『少女ピカレスク』が23日より新宿シネマートで先行劇場上映され、公開初日舞台挨拶に共演の長澤茉里奈さん、武田玲奈さんらと登場した。

奇才・井口昇監督がメガホンをとった本作は、新人アイドル・ヒカリ(椎名ひかり)を通して、「自撮り配信」からエスカレートした心の闇に飲み込まれる少女たちを描いた作品。「ファミリー劇場CLUB」での今秋配信に先駆け、同所などで特別先行上映が行われる。

アイドルと裏の人格“ちーちゃん”の二つの顔を持つ難役に挑んだ椎名さんは発作を起こすシーンのために“発作トレーニング”まで行ったといい、初めての演技ながら本気の女優魂で撮影に臨んだ。

椎名さんは今作を「超絶バッドエンドなハッピーエンド」と紹介。観客の受け取り方次第で印象が変わると説いた。井口監督も「もう一度見ると印象が変わるはず。何度も劇場に足を運んで欲しい」とアピールした。

神門実里さんは「スクリーンに写っている女の子がみんな美しい。拷問されているシーンも残酷なんですけど、苦しんでいる姿なのにキレイだなと思った」と語り、長澤茉里奈さんに眼球を舐められるシーンに「うるっときました」と振り返った。椎名さんも「あそこは濡れ場ですよね!」と激しく同意した。

また、ヒカリが憧れるモデル・彩乃役を演じた武田玲奈さんは、椎名さんから“ラスボス”と称さる存在感だという。「自分のシーンにはすごく感情移入して演じさせていただきました」と振り返えり、今作の印象を「残酷で、でも美しくて切ない物語」とコメントした。

舞台あいさつには他に、松永天馬さん、上埜すみれさんも出席した。

 

「少女ピカレスク」は、シネマート新宿ほか全国順次先行上映。

公式サイト https://www.fami-geki.com/picaresque/

    関連商品