内田理央が月9ドラマ『海月姫』で“三国志オタク”まやや役  インパクト大のジャージ姿のビジュアルが解禁 | GirlsNews

内田理央が月9ドラマ『海月姫』で“三国志オタク”まやや役  インパクト大のジャージ姿のビジュアルが解禁

ニュース 女優 映画・ドラマ
ドラマ『海月姫(くらげひめ)』より (c)フジテレビ
ドラマ『海月姫(くらげひめ)』より (c)フジテレビ

女優の内田理央さんが1月スタートのフジテレビ新“月9”ドラマ『海月姫(くらげひめ)』に出演することが発表された。月9初出演の内田さんは、劇中のオタク女子グループ“尼〜ず”のメンバー・まやや役を演じるが、今回その驚きのビジュアルが解禁された。内田さんは「振り切った役柄は初めてだったので、やりがいがあると思って嬉しかったです!」とコメントしている。

ドラマ『海月姫』は大人気漫画家の東村アキコ氏による、累計発行部数440万部超えを誇る大ヒット同名作が原作。クラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの “クラゲオタク女子”・月海(芳根京子)が、ある日、女装美男子(瀬戸康史)と童貞エリート(工藤阿須加)の凸凹兄弟に出会い、複雑でややこしい三角関係に突入…そんな中で自分には一生縁がないと思っていた恋を知り、新しい自分を見つけていくシンデレラ・コメディーとなっている。

月海と共に男子禁制アパート「天水館」で暮らす“尼~ず”のメンバーで、三国志オタクのまややは個性溢れるメンバーの中でもひと際目立つ存在。これまで小悪魔的な役柄が多かったが、前髪が顔に覆いかかり、ジャージをインしたビジュアルは原作そのもの。

内田さんは今回の役柄を聞き「びっくりしました! 尼〜ずのメンバーの中でも、テンションが一番高くて引っ張っていくようなキャラクターで、なおかつ、ビジュアルも長身で切れ長の目という役柄だったので、まさか自分がこの役を演じられるとは思いませんでした」と驚きを表した。

そのビジュアルについては、「最初は少し不安だったのですが、ジャージをハイウエストでインして、前髪で顔が隠れるとなぜか自然にまややのテンションとポーズが出てきて自分でも驚きました。『海月姫』を見ていても感じましたが、実際に演じてみてさらにビジュアルやファッションの大事さが分かりました」と語る。

オタク女子”まやや”と共感できる部分について問われると、「自分も中高生のときは、マンガやアニメに没頭していて、ジャージ姿で家でマンガを読んでいたオタクの時期があったので、共感する部分はあります」と意外な告白。「自分では、まややとは真逆だと感じていたのですが、母や親友にこのオファーをいただいたことを話したら、『理央ってこんな感じだよ!』と言われたので、周りからはそういう印象を持たれていたんだ!と驚きました」と語った。

また月9初出演ということについては、「月9はどこか特別なイメージがあるので、出演できるのがとっても嬉しいです」と喜びを表し、「尼寺を一歩踏み出した人間なので、オタクという部分や、オシャレやファッションのパワーを感じている部分など、共感できる部分も多く、やりがいも感じていますし、気合いが入っています」と意気込みを見せた。

ドラマ『海月姫』はフジテレビ系で2018年1月スタート。毎週月曜午後9時放送。​​出演は、芳根京子、瀬戸康史、工藤阿須加、木南晴夏、松井玲奈、内田理央、富山えり子 ほか。

内田理央の動画を観る

関連商品

おっさんずラブ DVD-BOX / Array

/ DVD TCエンタテインメント(2018-10-05)

定価:¥ 18,468