SUPER☆GiRLS 阿部夢梨、17歳のバースデーイベント「華やかな花を咲かせられるように」 | GirlsNews

SUPER☆GiRLS 阿部夢梨、17歳のバースデーイベント「華やかな花を咲かせられるように」

アイドルユニット/グループ ニュース
阿部夢梨
阿部夢梨

SUPER☆GiRLSの阿部夢梨さんが26日、品川J-SQUAREにて「阿部夢梨 17歳 生誕祭 ~あざといセブンティーンは嫌いですか?~」を29日の誕生日に先立ち開催。約150人のファンに祝福された。

阿部さんは小学校5年生の時、地元アイドルグループに加入しアイドル活動を開始。2015年エイベックス主催の「Girls Street Auditon」アイドル部門の最終審査での合格を機に、同年「トーキョー夢ぴよ組(e-Street TOKYO)」メンバーに抜擢。2016年開催の「iDOL Street Carnival 2016 6th Anniversary ~RE:Я|LOAD~」で、「SUPER☆GiRLS」”第3章”(3期)メンバーとしての加入が発表された。今年6月に発売された新曲『ナツカレ★バケーション』では初センターを務めている。

鮮やかなピンク色のドレスに身をつつみ登場した阿部さん。まず「本日の主役コーナー」として、阿部さんがソロで3曲歌った。阿部さんの歌唱に合わせ会場からは手拍子、メンバーはタンバリンと会場が一体となった。

続いてのコーナーは「ゆめりんピック選手権」。これは、出される4択の質問に対して、阿部さんが選ぶ答えをファンとメンバーが当てるというもの。間違えるとその場で終了という形式であったが、なんと3問目でメンバー全滅。それに対し阿部は、「私に無関心すぎない!?」と思わず出たツッコミに会場は笑いの渦に。最後まで正解したファンには、阿部さん直筆の手紙と、阿部さん自らがデザインした生誕祭用Tシャツのプリントの原画をプレゼントした。

その後も、メンバーが阿部さんをキュンキュンさせる「イケメンセリフ選手権」、各々が今まで体験した面白いこと、焦ったことなどを話す「SUPER☆GiRLSのすべらない話」など、メンバーの普段見れない一面を見ることのできる企画が続いた。

終盤、メンバーの坂林佳奈さんから2人の思い出を綴った手紙が。手紙を読み上げる坂林さんとの掛け合いの面白さに会場からは笑いが起こった。最後に阿部さんは「振り返ってみれば本当に濃い1年間でした。16歳前半は、失敗して壁にぶつかっての繰り返しだったんですけれども、それを経験したおかげで、後半は憧れのセンターを経験させていただいたり、レギュラーラジオをもたせていただいたりと本当に幸せな毎日でした。それも、私を支えてくださった皆さんがいたからこそです。大好きです。華やかな花を咲かせられますように、みなさんのお力を貸してください。これからもよろしくお願いします!」とつめかけたファンにメッセージを送った。

今回情報解禁された23枚目のシングル『片想いのシンデレラ』でも阿部さんがセンターを務めることが発表された。

阿部夢梨の動画を観る

関連商品