【@JAM EXPO】“5人組”Dorothy Little Happy が2年ぶりに一夜限りの復活「あの時は子どもでした いろんな意味でね」 | GirlsNews

【@JAM EXPO】“5人組”Dorothy Little Happy が2年ぶりに一夜限りの復活「あの時は子どもでした いろんな意味でね」

アイドルユニット/グループ ニュース

27日、神奈川・横浜アリーナで行われたアイドルイベント「@JAM EXPO 2017」にて、5人体制のDorothy Little Happyのスペシャルライブが開催。2年前に同グループを卒業し、現在は「callme」として活動する秋元瑠海さん、富永美杜さん、早坂香美さんの3人と、7月に卒業し芸能界を引退した白戸佳奈さんが、この日のライブのために一夜限りで集結、ファンを歓喜させた。

2015年7月の中野サンプラザ公演をもってドロシーを卒業した美杜さん、瑠海さん、香美さんの3人。卒業公演ではメンバー間でぎくしゃくとしたやりとりの場面もあったりで完全に笑顔で…という卒業ではなかった。その後callmeとして活動する3人だが、3人はcallmeとして大きく成長できるまでは二人に会いに行くつもりはなかったという。だが佳奈さんが芸能界を引退ということで、5人で活動する機会はこれを逃したらもう二度とないかもしれない、自分たちの原点はドロシーであるとの思いから、今回5人としてのステージを決めたという。また一人でドロシーを続けている髙橋麻里さんも迷いはあったというが、それぞれの未来への一歩のためにと決意したという。

この日は開演前から場内は異様な盛り上がりに。そして暗闇から5人のシルエットが現れると場内の興奮はマックスに。そんな中登場した5人、ハッピーな空気感がいっぱいの『ストーリー』からスタートした。衣装は5人が一緒にDorothy Little Happyに在籍していた時に着ていたものだ。

続く『Tell me tell me!!』と、2曲を終えたところで、佳奈さんの掛け声きっかけで「みなさん、こんばんは!ガールズユニット・Dorothy Little Happyです」と5人が声を上げると、観客は大歓声で応えた。

メンバー一人ずつから挨拶。「今日はここにいるみんなで最高の思い出を作っていきましょう」という香美さん。近年はKOUMIなどのアーティスト名を名乗っているcallme組は「早坂香美です!」とフルネームを名乗るMC挨拶が逆に新鮮だった。

佳奈さんは「2年ぶりにこの5人が集まりました!! 今日はこの5人でみなさんの心にドロシーの歌を届けていきたいと思います」と告げると、『STARTING OVER』『ASIAN STONE』をしっとりと聴かせ、そして『sky traveler』を爽やかな歌声で魅了した。

その後、5人でのトーク。「みんな本当に変わってなくて」という瑠海さんに、佳奈さんは「みも(美杜さん)は髪の色しか変わってないよ」と茶化す。美杜さんは「みんなと一緒にやることになって、大人っぽくしようと思って、大人な私服に大人なメイクでイメージトレーニングして行ったの。でも佳奈ちゃんに会った瞬間に『変わってないね』と言われたの」と苦笑い。

「また5人でやれるとは思ってなかった」と改めて5人でやれることの喜びを分かち合いつつ、瑠海さんは2年前を振り返り、「子どもだったので、私たちも、あの時は。いろんな意味で。やっぱり20歳を超えるといろんなことがわかりますよね」と語ると、「人生はいろいろあるね」とメンバーたちも頷いた。

後半は『colorful life』『諦めないで』『Life goes on』『ジャンプ!』と人気曲を次々と繰り出し、『恋は走りだした』でヒートアップ。最後に佳奈さんは「私たちが大好きなDorothy Little Happyを一人でも続けてくれている麻里ちゃんにはこれからも一生懸命頑張ってほしい」と思いを語る一方、callmeとして活動する3人には「今は違う場所にはなってしまいましたが、かつて5人で同じ夢を追いかけていた仲間ですので3人のこともたくさん応援していきたいなと思います」とメッセージを送った。

そして最後は『デモサヨナラ』。おなじみのサビでの「好きよ」の歌詞で観客は「オレモー」の大歓声、場内の盛り上がりは最高潮に。美杜さんは「ありがとう!大好き」と叫んで応えた。メンバーも観客も本当に笑顔がいっぱいの幸せ空間のまま、約1時間に及ぶ熱いステージは幕をおろした。

Dorothy Little Happy の動画を観る

関連商品