Task have Fun、26時のマスカレイドが初の対バン開催 来栖りんが“あざとい一言”で会場をとろけさせる場面も!? | GirlsNews

Task have Fun、26時のマスカレイドが初の対バン開催 来栖りんが“あざとい一言”で会場をとろけさせる場面も!?

ニュース
Task have Fun、26時のマスカレイド
Task have Fun、26時のマスカレイド

アイドルグループ「Task have Fun」と「26時のマスカレイド」が17日、新宿BLAZEにて開催された「スペシャプラスまつり vol.6 -#ニジタスがてっぺんいきます-」に出演。2組が初の対バンライブを行った。

スペシャプラスのカラーとなるジャンル、 応援するアーティストが集まった『スペシャプラスまつり』は、 2019年12月に初開催(vol.1~vol.4)となり、 2回目の今回は時代に合わせて形を変え、 有料配信+160人限定の有観客公演として開催された。

まずはTask have Funのライブから。『ギュッと、 チュッと』『けどハニカミ』といった恒例のライブチューンからスタートした。声を出せない分、 ファンは拳を突き上げ、 振りコピでメンバーのパフォーマンスに応えていた。その後『ルミナストレイン』『逆光』『「キメ」はRock You!』などを披露し、26時のマスカレイドのステージへつないだ。

ニジマスは『君は⻘のままで』『アイスティーラブ』といった最新のサマーソングで新メンバー・中村果蓮が加わった新体制のパフォーマンスを披露。その後は『チャプチャパ』『COLORS』といったライブチューンなどで盛り上げた。こちらもやはりファンが振りコピをしたり、 腕を挙げるなどしてメンバーの熱演に応えた。

続いては2組によるコラボステージ。『3WD』ならぬ八位一体の『8WD』をパフォーマンスしたり、ニジマスのサマーチューン『ハートサングラス』で8人が愛らしい振付を見せ会場を熱くした。このコラボステージの前には、スペシャプラスまつりから“26個”のタスクが用意され、引き当てたタスクを曲の最後に実行するという催しも。「コラボ曲『3WD』の最後に決め顔&あざとい一言」というタスクを引いたニジマス・来栖りんは、恥じらいながらも「好き…」と絞り出すようにあざとい一言を決めていた。

なお、この初対バンの模様は、 12月23日12時までuP!!!で見逃し配信にて視聴することが可能だ。

写真:曽我美芽

Task have Funの動画を観る

関連商品