マジカル・パンチライン、2020年2月に初のフルアルバム発売決定 ハロウィンツアーファイナル公演で発表 | GirlsNews

マジカル・パンチライン、2020年2月に初のフルアルバム発売決定 ハロウィンツアーファイナル公演で発表

ニュース
マジカル・パンチライン
マジカル・パンチライン

6人組アイドルグループ「マジカル・パンチライン」が20日、横浜Bay Hallにて東名阪ハロウィンツアーファイナルを開催。公演内では2020年2月19日に、結成4周年で初となるフルアルバムの発売がメンバーにもサプライズで発表された。

10月9日に発売されたシングル『もう一度』が10月12日付のオリコンシングルデイリーランキングで2位、10月21日付のウィークリーランキングでは7位と、いずれもグループ史上最高位を獲得し、勢いに乗るマジパン。“Trick or Treat! The Spooky Magi-Pumpkins Tour 2019”と銘打ち東名阪ハロウィンツアーを開催した。

可愛らしい仮装をしたメンバーが登場し、自己紹介ソング『マジ☆マジ☆ランデブー』からライブはスタート。そしてタオル回し曲『ぱーりないと!!』で会場を温めた。

その後はユニットに分かれたパフォーマンスを披露。まずは、沖口優奈、清水ひまわり、吉澤悠華、吉田優良里の4人による『Happy New Kitchen』では寸劇のようなパフォーマンスに笑顔がこぼれ、続いて浅野杏奈、小山リーナによるアコースティックバージョンの『ハルイロ』では美しいユニゾンの歌声に感嘆の声が漏れた。

その後はエモーショナルなロック楽曲『今日がまだ蒼くても』やペンライト曲『Alright』などを披露し、本編最後は、新曲『もう一度』で会場中のこぶしがあがり幕を閉じた。

アンコールでメンバーが再登場すると、前レーベル時代の楽曲『小悪魔Lesson1・2・3♪』『パレードは続く』を披露。そして、最後の曲のパフォーマンス直前にサプライズが。「2020年2月19日4周年記念ファーストフルアルバム発売」のサプライズの知らせに、驚きから嬉しさに変わり、メンバー全員とびきりの笑顔に会場からも大きな拍手が。

リーダーの沖口優奈が「2019年だけでなく2020年の嬉しい予定も決定したので、まだまだこれからも全力でこの6人、そしてファンの皆さん、スタッフの皆さんと走り続けていきます。引き続きマジカル・パンチラインの応援宜しくお願い致します!」と語り、「感謝の気持ちを込めて歌います」という言葉の後、『ONE』で会場中が一体となって公演は幕を閉じた。

マジカル・パンチラインの動画を観る

関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。