フィロソフィーのダンス・奥津マリリ「妄想しまくりで楽しい撮影でした!」劇団俳優の練習後の恋愛模様を描くグラビア | GirlsNews

フィロソフィーのダンス・奥津マリリ「妄想しまくりで楽しい撮影でした!」劇団俳優の練習後の恋愛模様を描くグラビア

アイドルユニット/グループ ニュース
奥津マリリ
奥津マリリ

アイドルグループ「フィロソフィーのダンス」のメンバー・奥津マリリさんが5日、デジタル写真集『奥津マリリ~夜明けの舞台練習』を発売。それを記念し今回掲載カットが解禁された。

週刊SPA!の注目シリーズ「このあと、どうする?」でお笑い芸人・平成ノブシコブシの徳井健太さんが描いた世界観をグラビアで表現。劇団俳優の練習後の恋愛模様を、奥津マリリさんが熱演している。セクシーなランジェリー姿を披露し、美バストが堪能できるカットとなっている。

奥津さんは「今回の撮影はストーリーがかなりしっかりしていたので、妄想しまくりでとても楽しい撮影でした! 最初に徳井さんが考えてくれたシチュエーションを読んだとき、まさかセリフとかがあるとは思わず、リアルな脚本スタイルに笑っちゃいました(笑)。でも妄想しやすいストーリーで、見てくださった方も情景が浮かぶのでは?と思います!」とコメントしている。

●「平成ノブシコブシ」徳井健太 シナリオ本文

「お前ホントに大根だな。それでうちの看板? ふざけるな! うちの劇団潰す気か!!」
劇団ジジジの主宰は声を荒げる。脚本・演出を手掛けるその男から投げられた台本は、彼が思ったよりも真っ直ぐに飛び、ほかの劇団員の前で叱られた彼女の顔面に当たった。
「すいませんでした。明日までに完璧にしておきます」
彼女は凛とした声を発し、姿勢良く頭を下げる。長い髪で隠れたその表情はよく見えなかった。
稽古が終わり、新人の僕が一人後片付けをしていると、台本を握り締めじっと窓の外を眺めている彼女が目に入った。
トレードマークの白いジャージが眩しく反射する。
「恥ずかしい所見られちゃったね」
彼女が初めて僕に話しかけてきた。
「あ、いや、でも主宰と、その」
「付き合ってるって?」
気がつくと彼女は目の前に立っている。
先ほど台本が当たったであろう唇が赤く腫れていた。
「自分の彼女に罵声浴びさせて、台本投げるような人、どう思う?」
僕が返事に困っていると、耳元で彼女の声が聞こえた。
「稽古、しなきゃ、ねぇ」
僕が下を向いたままで固まっていると、ジジジと彼女のジャージが脱げる音がした。僕はこの稽古場に誰も入ってこないでくれ、と願うことで精一杯だった。

関連商品