乃木坂46・齋藤飛鳥、メンバーとのつながりに大きな進歩「目を見て話すことを覚えました」 | GirlsNews

乃木坂46・齋藤飛鳥、メンバーとのつながりに大きな進歩「目を見て話すことを覚えました」

アイドルユニット/グループ ニュース

乃木坂46のメンバー、齋藤飛鳥・星野みなみ・堀未央奈・山下美月・与田祐希が11日、献血つながりプロジェクト「みんなの献血」のイメージキャラクターに就任した。年間を通して、イベントや絵本、学校での献血啓蒙活動プロモーションを実施する。

キャンペーンの“オープニング”を担当する斎藤さんは、最近、メンバーとコミュニケーションをとるようになったと言い、「人の目を見て話すことを覚えて嬉しい。大きな進歩です」と明かし、プロジェクトへの参加を「メンバーとのつながりを実感したので、ちょうどよかった」とコメント。山下さんが今年のバレンタインデーに斉藤さんからかりん糖をもらったことを紹介すると「つながりを感じたかったんでしょうね」と照れた。

平成31年の「はたちの献血」に続いてプロジェクトに参加することになった5人は、急性リンパ性白血病の闘病中に輸血を経験した友寄蓮さんから「乃木坂46さんのおかげでたくさんの方が献血に来てくださって、輸血経験者として心強く感じました」と感謝の言葉を伝えられた。斎藤さんは「少しでもお役に立てるんだなと分かって、よりPRを頑張っていかなきゃと思います」と使命感を沸かせていた。

5人が出演しているスペシャルムービーが公式WEBサイト等で配信、テレビCMも全国で放送される。

乃木坂46の動画を観る

関連商品