三森すずこ、武道館ワンマンは夢いっぱいのおもちゃ箱! 「夢は願えば叶う。いつかは紅白に」 | GirlsNews

三森すずこ、武道館ワンマンは夢いっぱいのおもちゃ箱! 「夢は願えば叶う。いつかは紅白に」

三森すずこ「Grand Revue」日本武道館公演より
三森すずこ「Grand Revue」日本武道館公演より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

人気アニメ『ラブライブ!』の園田海未役などで知られる声優アーティスト・三森すずこさんの初全国ライブツアー『Mimori Suzuko Live Tour 2016 “Grand Revue”』の東京公演が、10月27日と28日の両日に日本武道館で開催され、7月から行われてきたツアーのファイナルを賑やかに締めくくった。

三森さんは、出世作となった2011年の『探偵オペラ ミルキィホームズ』以降、数多くのアニメ作品に声優として出演し、2014年からはアーティストとしてワンマンライブも開催してきた。初めてとなる全国ツアーとして今年7月から、北海道、愛知、大阪、福岡、そして、東京と全国5大都市を巡った。

ツアーの最後を飾る日本武道館は、これまで、椎名へきる、水樹奈々、田村ゆかり、堀江由衣、花澤香菜、内田彩などの声優アーティストが出演を果たしてきた。三森さんもミルキィホームズのメンバーとしてこのステージに立ったことがあるものの、やっと念願のソロでの公演を叶えることが出来た。

9月に発売された三森さんの3枚目となるアルバム『Toyful Basket』に沿って、“おもちゃ箱” をコンセプトとしたライブは、“Grand Revue” の名にふさわしく三森さんの想いのありったけを詰め込んだ華やかなステージで、生バンドと50名以上のダンサーを従えたテーマパークのアトラクションのような盛大なものとなった。

27日のライブはまず、ステージの上から大きな箱が降ってきて、中からおもちゃの人形のようにバンドメンバーやダンサーたちが登場して幕を開けた。部屋のおもちゃたちが三森さんがいない間にパーティーを開き始めたのだ。そこへ突然、三森さんが帰ってきてみんなは大慌て。「私も参加していい?」と三森さんも加わることになり、“おもちゃの国の皆さん”である観客に向かって「みんなも一緒に楽しんじゃおう!」と煽り、まさにおもちゃ箱をひっくり返したようなパーティーが繰り広げられてゆく。

『TINY TRAIN TOUR』の歌に乗せて、白いワンピースの三森さんはピンクのSLに乗車してステージを右に左にと巡り、そして中央のせり出しにもやってくると、ファンは「みもりんコール」で盛り上がって迎えた。2曲目にデビュー曲の『会いたいよ…会いたいよ!』、そして、3曲目『FUTURE IS MINE』では、クマやウサギの着ぐるみたちも登場し、かわいいダンスを繰り広げた。

そこへ、「大切な物を奪った。返して欲しければ見つけてみるがいい」と謎の手紙が届く。ステージを探して”旗”がなくなっていたことに気づいた三森さんは、旗を探す旅に向かう。

オランダ人形のようなドレスに花かんむりの姿に変身した三森さんは、『Traveling Kit』でCA風の衣装のダンサーと飛行機に乗り、『ドキドキトキドキトキメキス♡』では、投げキスやウインクでファンをどよめかせたかと思うと、『せいいっぱい、つたえたい!』ではゲームの世界を巡って観客を不思議な旅に誘った。

ライブ中盤では、「みんな、掛け声の準備はいいかな!?」と三森さんは客席を煽ると、ハイテンションな曲を連続し、『みんなでイエー☆オーッ!!』では、赤いタオルを振り回してステージを走り回った。巨大輪投げを一発で決めるなどして会場をてわかし、『約束してよ…一緒だよ!』では、サビの部分で一斉にオレンジ色のサイリウムが会場を染め上げた。『Shall we dance?』では「みんなも踊っちゃお!」と一体感を高め、水色のドレスに着替えてさらにキュートさを増すと『恋のキモチは5%』では会場をピンクなキモチいっぱいに包みこんだ。

ライブ後半では、黒いマントを羽織って、ハロウィンにぴったりな『Heart Collection』を披露したかと思うと、マントを脱ぎ捨ててリボンの騎士のような衣装に変身し、『Light for Knight』を凛々しく歌った。戦闘シーンのアクションを交えながら“旗” を取り戻すとライブの盛り上がりはクライマックスを迎え、ステージを端から端まで埋めるほどのフラッグ隊が登場して『グローリー!』、そして、『Fantasic Funfair』で本編を盛大に締めくくった。

アンコールに応えて登場した三森さんは、『純情 Da DanDan』で再び会場を熱気で溢れさせた。ホッとした表情でため息をつきながら、「ついにこの日が来ましたねぇ。武道館ワンマンライブを発表してからこの日を待ち望んで、すごく長い時間に感じていました。ミルキィホームズのライブ以来の武道館でのワンマンですが、ソロでは初めてなのでステージに出るまでどうしようかって思っていて、登場してみんながこんなに居てくれてびっくりでした。楽しい時間をありがとう。本当に幸せです!」と三森さんはファンに感謝を伝えた。

それから、「この日、この場所で歌いたかった」という『スマイリウム』で武道館を光の海に変え、最後はマリンスノーのようにステージに降るシャボン玉に包まれながら『ユニバーページ』を歌いきってライブの幕を閉じた。

そして「大事なお知らせがあります」として、この日の日本武道館公演が、MUSIC ON! TV(エムオン!) にて12月に放送されることが発表された。

さらに、7枚目のシングルとして、自身がヒロインを務めるアニメ『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』の主題歌が、来年2017年4月12日に発売されることをファンへ報告した。

現在、NHKのラジオでレギュラー番組に出演中の三森さんは、「いつかは紅白にも出たい。夢は願ってたら叶っちゃうんだから、“夢は見て”って思う。大きな夢を持ちましょう!」と、目を輝かせてファンに呼びかけていた。

【FINAL2016.10.27 at NIPPON BUDOKAN】

M-1.TINY TRAIN TOUR
M-2.会いたいよ…会いたいよ!
M-3.FUTURE IS MINE
M-4.Traveling Kit
M-5.ドキドキトキドキトキメキス♡
M-6.せいいっぱい、つたえたい!(4sk’s ukiuki carnival remix)
M-7.ミライスタート(The LASTTRAK Happy Hard Soca Remix)
M-8.みんなでイエー☆オーッ!!
M-9.サマーバケーション
M-10.約束してよ…一緒だよ!
M-11.Shall we dance?
M-12.WONDER FLIGHT
M-13.恋のキモチは5%
M-14.My First Lesson
M-15.Heart Collection
M-16.Light for Knight
M-17.Xenotopia
M-18.ヒカリノメロディ
M-19.ちいさな手と観覧車
M-20.グローリー!
M-21.Fantasic Funfair

EN-1.純情 Da DanDan
EN-2.スマイリウム
EN-3.ユニバーページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

の動画を観る

    関連リンク

    三森すずこ オフィシャルサイト

    関連商品

    Languages