LinQの伊藤麻希も参戦 激闘の東京女子プロレスの1.4後楽園ホール大会が放映中 | GirlsNews

LinQの伊藤麻希も参戦 激闘の東京女子プロレスの1.4後楽園ホール大会が放映中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

グループアイドルLinQのメンバーでもある伊藤麻希や、筋肉アイドルとして知られる才木玲佳など現役アイドルも所属する「東京女子プロレス」が1月4日、東京・後楽園ホールで『東京女子プロレス’17』を開催し、940人の観衆を集めて激しい試合を繰り広げた。

多彩なキャラクターのレスラーが顔を揃える同団体は、昨年12月11日の福岡興行で伊藤麻希さんがプロレスデビュー戦を行い、アイドルファンからも俄然注目を集めている。もともと、アイドルとプロレスのファンは親和性が高いと言われてきたが、力と美しさを兼ね揃えた魅力的な選手が増えたことで、ファンの裾野が広がっている印象だ。AKB48グループのメンバーが多数出演するドラマ『豆腐プロレス』(テレビ朝日系)も話題となり、女子プロレスの人気に追い風となっている。

今回で2回目の開催となった東京女子プロレスの1.4後楽園ホール大会では、王者・優宇と先輩である挑戦者・中島翔子のベルトを賭けた死闘や、「結婚で強さを!」と謳う滝川あずさ&のの子の婚活軍 VS 清水愛&ローラ・ジェームスの対決など、注目のカードが並んだ。

第2試合後に才木玲佳が所属するCheer♡1が初のオリジナル曲の『Ready go』を、伊藤麻希が所属するLinQが新曲の『負けないぞ』を、それぞれリング上で披露し、まずはライブでアイドルとしての実力をアピールして会場を盛り上げた。

両者は、第四試合の「アイドルサバイバル~どっちが強くてかわいいんだ、ハッキリさせろ!」対決で火花を散らし、パワーと経験に勝る才木が試合をリードしつつも、伊藤は大きな顔を活かした頭突きなどで果敢に応戦した。

また、この日は団体の旗揚げ前からMC兼リングアナを担当したアニメチックアイドル・桃知みなみが卒業となるメモリアルな興行となった。

試合の模様は、アイドル専門チャンネルPigoo「東京女子プロレス『プロレスするのだ!』#15」で2時間の特番として全試合を放送中。同番組は、スカパー!プレミアムサービス(Ch.663)、スカパー!プレミアムサービス光(Ch.663)、Pigooオンデマンドのいずれかで視聴できる。オンデマンド利用の場合、見放題プランでの配信終了は2017年3月2日となっているが、過去の放送も単品販売で視聴可能だ。

東京女子プロレス「プロレスするのだ!」 #15

『東京女子プロレス’17』
1月4日(水) 東京・後楽園ホール

オープニングマッチ Fantasyが始まる~プロレス教室師弟対決~ 15分一本勝負
チェリー vs のどかおねえさん

第二試合 桃色スパークリング~桃知みなみ卒業スペシャル3WAYマッチ~ 20分一本勝負
ハイパーミサヲwith桃知みなみ vs 辰巳リカ vs 黒音まほ

第三試合 大きな愛でもてなして~婚勝軍vs人妻軍~ 20分一本勝負
ローラ・ジェームス&清水愛 vs 滝川あずさ&のの子
※特別レフェリー…ジョーイ・ライアン、特別リングアナウンサー…井上マイク

第四試合 アイドルサバイバル~どっちが強くてかわいいんだ、ハッキリさせろ!~ 15分一本勝負
才木玲佳 vs 伊藤麻希

第五試合 魔法少女の逆襲~ユカの仇は姉が討つ!~ 20分一本勝負
キャンディス・レラエ vs ミル・クラウン

セミファイナル 甘い罠に気をつけろ~沙希様パリ凱旋試合~ 20分一本勝負
赤井沙希 vs 山下実優

メインイベント 「本気で熱いイッテンヨン!」TOKYOプリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>優宇 vs <挑戦者>中島翔子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

の動画を観る

    関連商品

    Languages