井上苑子、映画『ReLIFE リライフ』主題歌を担当「繊細な気持ちの変化や恋するもどかしい気持ちを描けたら」 | GirlsNews

井上苑子、映画『ReLIFE リライフ』主題歌を担当「繊細な気持ちの変化や恋するもどかしい気持ちを描けたら」

アーティスト ニュース 音楽
井上苑子
井上苑子

女子高校生を中心に強い支持を集める19歳のシンガーソングライター・井上苑子さんが、2017年公開、中川大志さん、平祐奈さんのW主演の映画『ReLIFE リライフ』の主題歌を担当することが決定した。主題歌は書き下ろしの新曲(タイトル、発売日未定)。井上さんは、「『ReLIFE』の主題歌を書きおろして欲しいというお話を聞いたときは、純粋に嬉しかったです!! なぜなら私は原作を読んでいるので…!!」と感激を表した。

映画『ReLIFE リライフ』は、ダウンロード数世界累計2100万を突破、マンガアプリ「comico」で人気の漫画が原作。comico初の単行本も1~6巻で140万部を突破。TOKYO MXなどでアニメ放映、東京・大阪では舞台化にもなり、幅広い層に共感されている。

井上さんは本作について、「純粋で綺麗な恋や友情を見ていると、キュンキュンしてしまいますし、海崎さんと日代さんの恋を全力で応援しています。そんな大好きな『ReLIFE』の、記念すべき映画版の主題歌ということなので、登場人物の繊細な気持ちの変化や、恋するもどかしい気持ちを爽やかに、曲でも描けたらなと思います。素敵な映像に負けないように、精一杯良い曲を書きますのでよろしくお願いします!!」と意気込んだ。

またプロデューサーは井上さんの主題歌起用について、「青春の1ページを真っ直ぐに切り取ったような、誰もが共感できる等身大の歌詞に魅力を感じました。 この映画『ReLIFE リライフ』を井上苑子さんの声で優しく包んでくれると思います!」と太鼓判を押す。

社会でつまずいた27歳ニートが社会復帰するため、1年限定で17歳に若返り、高校生活を送るという設定で始まる。人生をやり直した2度目の高校生活で出会う、想定外の友情や恋に真っ直ぐに向き合うことで、運命を変えていく主人公。彼を中心に、登場人物たちがそれぞれに織りなす、懸命で、ひたむきで、ピュアな物語が幅広い世代の胸を打つ、さわやかな青春ストーリー。今回映画のポスタービジュアルも同時解禁となった。

映画『ReLIFE リライフ』は2017年4月15日に全国公開を予定。

関連商品

私たちのハァハァ [DVD] / Array

/ DVD ポリドール映像販売会社(2016-06-29)

定価:¥ 6,264