JKT48仲川遥香の卒業セレモニーが開催「10年間諦めずにやってきてよかった!」 | GirlsNews

JKT48仲川遥香の卒業セレモニーが開催「10年間諦めずにやってきてよかった!」

JKT48 5 周年記念コンサート&仲川遥香卒業セレモニー(c)JKT48 Project
JKT48 5 周年記念コンサート&仲川遥香卒業セレモニー(c)JKT48 Project
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

JKT48・仲川遥香さんの卒業セレモニーが17日、バンドンのTrans Luxury Convention Centerで開催された同グループのデビュー5周年記念コンサートで行われた。仲川さんは、「自分で来ようと決めて来た場所で、そして一番大好きなメンバーと卒業セレモニーができたこと、本当に嬉しく思います。すごく綺麗な、ひまわりをモチーフに作ってもらったドレスを着てみんなに見送ってもらえました。10年間諦めずにやってきてよかった!」と感激の表情を見せた。

仲川さんは、2012年8月にAKB48からインドネシアのJKT48に移籍。多くのテレビ番組に出演しインドネシアで最も有名な日本人に。JKT48選抜総選挙では3年連続トップ3を獲得、その後、約20本のテレビCMに出演し「インドネシアのCM女王」となった。11月には、Brandwatch社による調査で「世界で最も影響力のあるツイッターアカウント」の女性の部で7位(TOP15中唯一の日本人)にランクインした。

会場に超満員の3000人がつめかけ、メンバー総勢68人がファンとの濃密な時間を楽んだこの日。5周年記念コンサートは、最新シングル曲『最高かよ』でスタートした。

今回のコンサートは、これまでの5年間を「doubt(疑い)」「struggle& tears(もがきと涙)」「happiness & love(幸せと愛)」「challenge(挑戦)」「dreams(夢)」の各テーマで演出。インドネシアで人気の『RIVER』など含め、それぞれのテーマに合わせ曲を披露した。

中盤では、近野莉菜さんによるインドネシアの大衆音楽「ダンドゥット」に続き、メンバーによるJKT48バンドの演奏披露。ユニットやダンスチームも盛り上がりを見せ『前しか向かねえ』『未来の扉』で5周年の思いを締めた。

アンコールでは仲川さんの卒業をテーマに、思い出の楽曲が並んだ。仲川さんがジャカルタに来て初めて選抜入りした『ごめんね、SUMMER』から始まり、『大声ダイヤモンド』などを披露。終盤に近づき、ひまわりのドレスにつつまれた仲川さんの登場とともに『夢の河』のイントロが流れると、別れの近づきを感じた会場からは悲鳴が。メインで歌うサビでは、感情が高まり声を詰まらせてしまうシーンも見ら
れた。

最後のMCで、仲川さんから感謝の手紙が読まれ、卒業の定番曲『桜の花びらたち』に。メンバーもファンも涙を浮かべながら、JKT48 の功労者・ハルカがグループを去ることを受け入れなければならない辛さと、温かく送り出そうという思いが会場をつつんだ。

悲しい気持ちのままでは終わらせたくないと、最後は仲川遥香が初めてセンターポジションを担った「恋するフォーチュンクッキー」、そして「ヘビーローテーション」へ。会場が一体となってイベントのフィナーレを迎えた。

仲川さんは、「ファンの方にもたくさん来ていただき、アンコールは『ハルカありがとう』とのコールもあり、ジャカルタでこんなにも多くの人に支えてもらったのだとあらためて実感しました。メンバーもファンの皆さんも私の家族です。ジャカルタに来れてよかった。大好きな場所です」と感激を表した。

また仲川さんとともに、メンバーとして頑張ってきた近野莉菜さんは、「本当に卒業するのか実感がなかったのですが、『夢の河』を聞いたときは現実と実感し一気に寂しくなりました」とコメント。そして「遥香ちゃんの卒業後もJKT48が寂しくなったと言われないよう、移籍組として頑張っていきます!」と誓った。

仲川さんは、12月末のJKT48劇場での公演をもって卒業を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連商品

近野莉菜 Tropical Mermaid [DVD] / 近野莉菜

/ DVD ビデオメーカー(2009-10-23)

定価:¥ 4,104

Languages