【TIF2016】NGT48、TIF初出場でフレッシュなステージ「ピカイチのパフォーマンスをしたい!」 | GirlsNews

【TIF2016】NGT48、TIF初出場でフレッシュなステージ「ピカイチのパフォーマンスをしたい!」

AKB48グループ ,
NGT48『TOKYO IDOL FESTIVAL 2016』ステージより
NGT48『TOKYO IDOL FESTIVAL 2016』ステージより
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

アイドルグループ・NGT48が、SKE48が7日までお台場地区などで開催された『TOKYO IDOL FESTIVAL 2016』(TIF)の最終日に登場。オリジナル曲やAKB48の大ヒット曲などでフレッシュに熱く盛り上げた。

この日、メイン会場であるZepp DiverCityのHOT STAGEに、SKE48に続いて登場したNGT48。AKB48グループ国内5番目の姉妹グループで新潟県を拠点に活動している彼女たちは、今年TIF初参加となる。ライブは『言い訳Maybe』からスタート。そして『Everyday、カチューシャ』『重力シンパシー』と、先輩たちの大ヒット曲を次々披露した。

本間日陽さんが「TIFには300組以上のアイドルが出場するそうですが、NGT48はその中でピカイチのパフォーマンスをしたいです!」と叫ぶと場内から大歓声。

オリジナル曲『NGT48』を披露したあとはメンバーの特技紹介タイム。山田野絵さんはパントマイムを披露。意外な(!?)出来の良さに場内からは拍手が。続く小熊倫実さんは「早口言葉が得意なんです」とおっとりとした口調で語り、場内からは笑いが起こり、マイペースに早口言葉を披露していた。

『ヘビーローテーション』では加藤美南さんが見事なアクロバットを披露、さらに『君のことが好きだから』『大声ダイヤモンド』といったヒット曲の連続に盛り上がりは最高潮となった。

最後に山口真帆さんは「結成1年目出させていただいて、とっても光栄でした」と喜びを語り、「新潟は東京から新幹線で2時間で行けるので、ぜひ遊びに来てください!」とアピール。最後はオリジナル曲『Maxとき315号』でステージの幕をおろした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連商品

Languages