荒井萌の「いっぺん、死んでみる?」に背筋がゾクリ 舞台『地獄少女』が上演中 | GirlsNews

荒井萌の「いっぺん、死んでみる?」に背筋がゾクリ 舞台『地獄少女』が上演中

ニュース 女優 舞台・ミュージカル
舞台「地獄少女」ゲネプロより
舞台「地獄少女」ゲネプロより

人気ホラーアニメが原作の舞台『地獄少女』が9日、渋谷・CBGKシブゲキ!!にて公演初日を迎えた。直前に行われたゲネプロでは、主人公・閻魔あい役の荒井萌、一目連役の小澤亮太、骨女役の瀬戸早妃、輪入道役の島津健太郎、きくり役の高橋紗妃らが本番同様に熱演をみせた。

本作は、2005年から2009年にかけて3部に渡り放送されたアニメシリーズ『地獄少女』をオリジナルストーリーを交えて舞台化した。都市伝説“地獄通信”のサイトに名前を書き込まれた相手を地獄に送り恨みを晴らすという地獄少女の物語を、鄭光誠(チョン・ガンソン)の脚本・演出で幻想的に描く。

主演の荒井萌は、『富江 アンリミテッド』や、『星者が町にやってきた!?』などの映画や、ドラマを中心に活躍し、9月に上演された舞台『ReLIFE』にも出演している。

地獄少女・閻魔あいは、原作同様に自分の感情を表に出さないキャラクターながら、依頼人の怨みに共鳴し、心の奥底に苦悩を抱えながら宿命を果たしてゆく。アニメ版で能登麻美子が声優を務めた「いっぺん、死んでみる?」の決め台詞の場面は、舞台ではなおさらゾクリとさせられるシーンだ。

キャストは他に、元SKE48勢の中西優香、山田恵里伽、今出舞や、元アイドリング!!!のフォンチーなど若手女優が中心に出演している。ダブルキャストの伊波杏樹と加藤里保菜も重要な役どころで、どちらを観るべきか悩むところだ。

舞台『地獄少女』は13日まで好評上演中。期間中はグッズ購入者を対象に出演者によるサイン会などのアフターイベントも開催される。

    関連リンク

    舞台版「地獄少女」公式サイト

    関連商品