飛鳥凛、『リング』の中田秀夫監督初のロマンポルノ作品で主演 体当たりの熱演 | GirlsNews

飛鳥凛、『リング』の中田秀夫監督初のロマンポルノ作品で主演 体当たりの熱演

ニュース, 女優, 映画・ドラマ ,
映画『ホワイトリリー』より。
映画『ホワイトリリー』より。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

女優の飛鳥凛さんが、『リング』などのホラー界の巨匠・中田秀夫監督が手掛ける初のロマンポルノ作品『ホワイトリリー』に主演することが発表された。女同士による究極の純愛を表現した本作、それを体現するため、この作品で初めてヌードを披露し、体当たりで役に挑んでいる。飛鳥さんは、「この『ホワイトリリー』の主演に選んでいただいたことはとても光栄でしたし、自分の中でもまさに”挑戦”となる作品でした」とコメントしている。

飛鳥さんは、テレビドラマ『仮面ライダーW』の人気アイドル園咲若菜役として出演し、放送中のドラマ『そして、誰もいなくなった』(日テレ系)などで活躍中。

『ホワイトリリー』は、生誕45周年を記念したロマンポルノリブートプロジェクトの一環で製作作品で、28年ぶりに完全オリジナルの新作を公開するという企画。中田秀夫監督のほか、塩田明彦監督、白石和彌監督、園子温監督、行定勲監督ら第一線で活躍する監督が揃って参加することから、注目が集まっている。

物語は、 傷ついた過去を慰めあうように寄り添い生きてきた二人の女・はるかと登紀子。彼女たちの秘密に踏み込んできた男・悟によって、それぞれの愛が暴走をはじめる、というもの。中田監督が、初めてレズビアンの世界に挑み、歪んだ愛の果てにある女同士の究極の純愛を描いている。

はるかを演じた飛鳥さんは、「中田監督は常に丁寧で細やかで穏やかで、撮影に臨む自分の支えとなっていただきました。この作品の雰囲気や世界観は、どこか懐かしく、女性ならではの機微を描いた作品なので、是非女性のお客様にも沢山観ていただきたいと思います」とアピールした。

一方、中田監督は飛鳥さんについて「ロマンポルノの主演女優には、まずルックスの美しさが必要です。飛鳥さんはただ美しいだけでなく、現代的な女性の空気感を纏っており、さらにこの役を絶対に掴み取るんだという強い意志を感じる瞳が印象的でした。オーディションで初めて会った時に主人公のはるかは、彼女以外に考えられないと感じたのを覚えています」と振り返る。

そして「レズビアンの女性という難しい役どころ、そして初めてラブシーンを演じるということで戸惑いもあったかと思いますが、はるかの持つ傷つきやすさや一途さ、激しさを飛鳥さん自身がもつ素質を活かして演じ切ることで、現代女性としての心の震えを繊細に表現してもらえたと思っています」と絶賛している。

映画『ホワイトリリー』は新宿武蔵野館ほかにて今冬順次公開予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連商品

花芯 [DVD] / Array

/ DVD TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)(2017-02-08)

定価:¥ 5,076

Languages